ここから本文です

蔦井様

別荘のように管理の必要がなく
くつろぎに行ける場所

蔦井様
東京都在住・40代

#家族で集まる場として#いつでもフリータイム#三世代で利用

東急バケーションズとは、あなたにとってどのようなものですか?

別荘保有する管理がなく好きなときに行ける場所です。逃げる場所がある安心感があります。

入会したきっかけは何でしたか?(動機)

別荘を所有すると、行く、行かないに関わらず管理費や固定資産税などがかかるので大変だと感じていました。また、ライフスタイルも変わるので永続的な所有じゃないほうが、実はいいのかなと考えていたところ最終的に会員権という結論に至りました。比較した時に、他社さんには海がなかったこと、売却するまで辞められない点が嫌だなと思いました。実は、検討する前に、3人の子持ちである会社の友達が東急バケーションズに入っていて、「誰にも言いたくないけど広くて安いからここ良いよ」と言っていたことがありました。私たちは家以外で家族でくつろげる場所が欲しかったんです。

普段、どのように東急バケーションズで過ごされていますか?

都会にいると自然に憧れます。自然の中で生活したいと思いますが、実際には仕事があって別荘を持って住むのは厳しい現状です。東急バケーションズの場合、自然の広がるほわぁっとした空間にポッと気軽に行けるのが良いと感じています。子供たちにも自然を体験させたい思いもありますね。現地では、食材を買い込んで料理を作り、温泉でくつろいだり、海に行ったり、スキーをしたりしています。

食事に関しては、一度食材を買ってしまえば、2泊3泊する中の1日とかではなく、ほとんど作っている気がします。ですが、伊豆今井浜に行くと美味しいレストランがあるので、食べに行けるように調整しながら作っていますね。調味料は、大体これを持っていくというものがリストになっているので、家のものを持って行っています。そういえば、会員権を購入してからは、久々に兄弟とも旅行をしました。うちの母親と姉と、家族合わせて6名で熱海に出かけに行きました。もしかすると東急バケーションズがなかったら行っていなかったかもしれません。ホテルに宿泊した場合、みんなで一部屋に居ることが難しく、姉も子供たちと一緒にいられないですしね。

伊豆今井浜のエピソード

今井浜に体験宿泊をしに行ったときに子供がすごくはしゃいでいました。2階フロアにあるベッド3つをくっつけてみんなで寝ました。ちなみに1階にはおじいちゃん(父)が寝ていました。
滞在中は、子供たちと浜やプール、海でボディーボードなどをして遊びました。

父親が孫と一緒に楽しそうにしている姿を見ると嬉しくなります。また父親は帰って来ると「次はいついくの?」としつこく聞いてくる具合です。7月くらいになると、「早くあったかくなるといいね」と言って今井浜に行きたがっていますね。海があって、自然があって景色が良くて。伊豆今井浜は温泉や海、景色、綺麗な建物、全部がコンパクトに揃っているのが良いのだと思います。普段は、夏休みのタイミングで有給を使ったり、行けるときにみんなで予定を合わせて行っています。

蓼科のエピソード

蓼科では、スキーをしました。子供たちは初めてのスキーだったので、最初はスキースクールに入って、2日目はお母さんに教えてもらって、滑れるようになりました。夜は、基本的に部屋で過ごしています。特にどこかに行く必要がないのが一番良くて、部屋にいても楽しいです。なので、出かける前は特に計画は立てずに、滞在を気ままに楽しんでいます。
これからもやっぱり今井浜や蓼科に行きたいですし、山中湖あたりにも行ってみたいと思っています。

入会してから良かったことはどのようなことですか?

おじいちゃん(父)が喜んだこと。 久しぶりに兄弟で旅行ができること。子供が広い部屋で楽しめること。
入会してから特にこの3点が良かったですね。

これから入会される方に何かメッセージやコメントがあればお願いします。

兎に角、部屋が広くて、キッチンがあることがおすすめです。
別荘の購入を検討するのなら一度東急バケーションも検討してみたらよいと思います。

こちらの会員様が楽しまれている施設をCheck!!

東急バケーションズ伊豆今井浜

東急バケーションズ伊豆今井浜

伊豆屈指のロケーションを誇るシーサイドリゾート。花と自然に癒される、贅沢な時間を満喫。

東急バケーションズ蓼科

東急バケーションズ蓼科

八ヶ岳や南アルプスを望む雄大なリゾート。高山植物の宝庫・蓼科は四季折々の魅力が満載。


ここからフッター情報です

詳しく知りたい方は

資料請求・お問合わせ

お気軽にお問合わせください

フリーコール 0120-830-109 フリーコール 0120-830-109 受付時間:10:00~19:00
年末年始除く

ページはここまでです

ページトップへ