個人の方 法人の方

札幌
札幌旅行の魅力は名観光スポットがコンパクトになっているところ
札幌旅行の魅力は名観光スポットがコンパクトになっているところ 北の都「札幌」。日本でも有数の観光地でもあります。札幌旅行の魅力はなんといっても見どころの多い観光スポットがコンパクトにまとまっていることでしょう。 東急バケーションズ札幌は
目次
  1. xxx
目次を見る

札幌旅行の魅力は名観光スポットがコンパクトになっているところ

札幌

札幌旅行の魅力は名観光スポットがコンパクトになっているところ

北の都「札幌」。日本でも有数の観光地でもあります。札幌旅行の魅力はなんといっても見どころの多い観光スポットがコンパクトにまとまっていることでしょう。

東急バケーションズ札幌は札幌市内の観光スポットのちょうど中心地にあります。徒歩や路面電車を利用すれば手軽に観光ができるため、1つのスポットをじっくり堪能することも可能です。

そこで今回は、東急バケーションズ札幌から徒歩・札幌市電(路面電車)で行ける観光スポットをご紹介します。また合わせて札幌旅行で気になる季節ごとのおすすめコーデについてもご紹介します。

札幌市円山動物園で1日を過ごす

札幌市円山動物園のトラ

東急バケーションズ札幌から路面電車を乗り継いで約30分、札幌市民の癒しの公園である札幌円山公園にあるのが「札幌市円山動物園」です。全国的にも知名度が高く、北の大地ならではの動物たちが生活しています。

円山動物園は当初児童遊園でしたが、1950年に移動動物園が円山公園を訪れたのをきっかけに「札幌市に動物園を」という声が高まり、翌年の1951年にこどもの日に北海道初の動物園として開園しました。

円山動物園の見どころはなんといっても、北国の動物たち。ホッキョクグマやオオワシ、エゾシカなど本州の動物園ではなかなか見られない動物たちを観察できます。その他にも飼育員や動物専門員のガイド等、ここでしか体験できないものもありますので、ホームページで情報をチェックしてみるのもよいでしょう。北の大地に息づく動物たちの生命力に富んだ姿を堪能してください。

施設住所 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
施設連絡先 011-621-1426
施設URL https://www.city.sapporo.jp/zoo/

大通公園でひとやすみ

大通公園

札幌市中心部にある「大通公園」は季節ごとにさまざまな催しが行われ、北海道内外から多くの観光客が1年中訪れる名観光スポットです。

近代公園としては歴史が古く、2021年の段階で本格的な整備がはじまってから110年を迎えました。もともとは官庁街と住宅・商業街を隔てる「火防線」の役割も持っていました。 1875年ごろから多目的に利用されるようになり、その昔は食糧確保のための畑になるなど、札幌の街と常に一緒に歩んできた公園です。

大通公園の見どころはやはりイベントでしょう。夏にはライラックまつりやYOSAKOIソーラン祭り、雪まつりやホワイトイルミネーションなどが行われます。 イベントを開催していない時は噴水でまどろむ札幌市民が多いですが、やはり観光の目玉として訪れるのであれば、イベント期間中に観光することをおすすめします。

大通公園観光のおすすめシーズンは「夏」。ライラックまつりやYOSAKOIソーラン祭りなどが開催されます。イベント期間外でも夏の大通公園は噴水近くのベンチで涼むのもおすすめです。

施設住所 北海道札幌市中央区大通西7丁目
施設連絡先 011-251-0438(大通公園管理事務所)
施設URL https://odori-park.jp/

さっぽろテレビ塔から札幌市街を一望

さっぽろテレビ塔

札幌市を一望できるアイコン「さっぽろテレビ塔」。地上90mにある展望台からは大通公園をはじめ、日本海や石狩平野など札幌市全域を見下ろせます。

1957年に完成したさっぽろテレビ塔は、当初NHK札幌放送局と札幌テレビ放送の電波発信塔としての役割を持っていました。その後、さっぽろテレビ塔よりも高い位置にある手稲山が電波発信の役割を担い、さっぽろテレビ塔はラジオ放送やテレビ局の予備発信塔になります。 2021年9月に最後のテレビ電波アンテナが撤去され、現在は観光スポットとして営業しています。

さっぽろテレビ塔の魅力は展望台からみる景色です。公園を遠くまで見渡せる景観は季節によってイルミネーションもさまざま。札幌雪まつりでは、イルミネーションが雪に反射して幻想的な景色を楽しめます。

施設住所 札幌市中央区大通西一丁目
施設連絡先 011-241-1131
施設URL https://www.tv-tower.co.jp/

札幌市時計台観光は夜がおすすめ

ライトアップされた札幌市時計台

札幌市のシンボルでもある「札幌市時計台」は夜の観光がおすすめです。ライトアップがほどこされ、札幌の夜にふんわりと浮かびあがります。

札幌市時計台はもともと「旧札幌農学校演武場」として建立されました。札幌農学校といえば、有名なクラーク博士が初代教頭として教鞭をとったことでも有名です。演武場は1878年に完成し、1879年に学生たちの時間割を告げる役割として塔時計が設置され、それが現在の「札幌市時計台」になっています。

国の重要文化財として明治時代の札幌市の様子を伝えてくれる資料でもある札幌市時計台。多くの見どころがありますが、中でも見事なのはやはり外から見る時計台の姿でしょう。クリーム色の歴史を重ねた壁が大都会札幌のビル群の中にあるのは、まるでタイムスリップしたかのような感覚になるほど。夜になるとライトアップされロマンチックな雰囲気を味わえます。

施設住所 札幌市中央区北1条西2丁目
施設連絡先 011-231-0838
施設URL http://sapporoshi-tokeidai.jp/

札幌は四季を通じてゆっくり堪能したい場所

札幌の夜景

北の都札幌は冬だけではなく、1年中通して楽しめる観光地です。ゆっくりと堪能したいスポットも多く、1日ですべてのスポットを回るより、1日かけて1つのスポットを堪能することをおすすめします。

東急バケーションズ札幌は交通の便もよく、徒歩で各種観光スポットに行ける好立地にあります。観光の拠点としてシーズンごとにゆったりと観光してみてはいかがでしょうか。

東急バケーションズ札幌の施設詳細

関連キーワード