個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
週末移住とは?都会にいながら田舎暮らしのメリットとデメリット
週末移住とは、自宅以外の地域に休日を過ごすための住まいを構える生活形態です。 テレワークの増加でオンオフの切り替えがしづらくなったり、人が密集しない場所で休日を過ごしたいと考える方が増えたりした結果、田舎への週末移住の人気が高まっています
目次
  1. xxx
目次を見る

週末移住とは?都会にいながら田舎暮らしのメリットとデメリット

ホテル・別荘豆知識

週末移住とは、自宅以外の地域に休日を過ごすための住まいを構える生活形態です。

テレワークの増加でオンオフの切り替えがしづらくなったり、人が密集しない場所で休日を過ごしたいと考える方が増えたりした結果、田舎への週末移住の人気が高まっています。

今回は週末移住は旅行や別荘とどのように違うのか、週末移住のメリット・デメリットをご紹介します。休日の有意義な過ごし方を考えるきっかけになれば幸いです。

週末移住(二地域居住)とは?

週末移住の田舎

週末移住とは、週末や休日だけ普段生活している場所とは別の場所に移住する生活形態です。

二地域居住とも呼ばれ、生活拠点を2つ持っている状態を指します。平日は都会で仕事をし、週末や休日だけ田舎で暮らすケースが一般的です。

週末移住する目的

週末移住には、「働く場所」と「プライベートを過ごす場所」を分ける目的があります。平日と休日の住む場所自体を変えることにより、リフレッシュを図れます。

仕事や子どもの学校を変えずに定期的に都会の喧騒から離れられるため、田舎でのスローライフに憧れる方にも人気です。将来的に田舎への移住を検討している方が、お試し目的で週末移住を選ぶケースもあります。

週末移住と旅行の違いは?

キャリーケース

週末移住と旅行で大きく異なる点は、宿泊場所の確保方法です。週末移住では、定住地とは別の地域に賃貸や購入によって生活拠点を構えます。

一方で旅行は、ホテルや旅館などに一時的に宿泊します。週末移住で泊まるのは「我が家」であり、その都度予約する必要はありません。

また、時間の過ごし方も週末移住と旅行では異なります。週末移住の目的はリフレッシュである一方で、旅行の目的は主に観光やテーマパーク、遊園地といった娯楽施設の訪問です。

一日をゆったり過ごす週末移住に対して、旅行は時間を細かく区切って予定を入れる場合が多いでしょう。

週末移住と別荘の違いは?

森の中の小屋

休日の度に訪れる週末移住用の住宅と異なり、別荘は日常的に利用しない保養のための住宅を指します。週末移住で用いる住居はセカンドハウスと呼ばれ、本宅とは別の生活拠点という扱いです。

週末移住で用いるセカンドハウスと別荘は、税制面でも区別されています。セカンドハウスとして物件を購入すると、居住用財産とみなされて固定資産税や都市計画税の税制優遇を受けられます。

一方で別荘は居住用財産とはみなされず、税制優遇が受けられないのです。

週末移住用の物件を賃貸ではなく購入するのであれば、セカンドハウスとして認められる条件を満たせるかどうかを確認する必要があるでしょう。

週末移住のメリット

川と桜

平日の住環境と全く異なる場所で週末を過ごせるのが、週末移住の特徴です。

そのため多くの方が生活基盤は都会、週末移住は田舎といった両極端な環境を選びます。単発の旅行ではなく、週末移住によって生活拠点を分けるメリットをご紹介します。

オンとオフを切り替えやすい

平日の住居と週末の住居を分けると、仕事と休日のスイッチを切り替えやすくなるメリットがあります。

在宅勤務が増えた結果、休日も仕事モードが抜けきらないと感じている人もいるようです。そのような方にとっては、週末の別住居への移動自体が気持ちの切り替えに繋がる可能性があります。

週末移住で過ごす家は自分で家具や家電、インテリアなどを揃えられるため、旅行で泊まるホテルとは異なる休日用の心安らぐ空間を作りやすいでしょう。

子どもに自然を体験させられる

都会に住んでいると、川遊びや畑を耕すなど季節に応じた自然体験ができる場所が限られます。草花や虫などで季節を感じる機会も減っているでしょう。

自然が多い土地に週末移住すれば、都会では感じづらい季節の移り変わりや、自然の中での遊びを子どもに体験させられます。

学校や習いごとなどの子どもの生活環境を変えずに田舎暮らしを継続的に経験できるのは、週末移住ならではのメリットです。

移住の下準備になる

将来的に完全移住を考えているなら、下見として週末移住から始める方法もあります。定年後や子どもが独立したあとに思い切って田舎に移住した方の中には、移住先のコミュニティになかなか馴染めず苦労する方もいます。

土地の気候や独特な風習、古くから住んでいる人たちの雰囲気、行事などに馴染めるかを週末移住なら休日を使って体験できるのです。生活基盤を本宅に残しているため、万が一合わないと感じた場合に引き揚げやすくもなるでしょう。

新しい趣味や目標が見つかる

今まで経験してこなかった庭いじりや農作業、釣りなどの活動に週末移住で初めて触れる人もいます。思わぬ楽しみや達成感を得た結果、将来の目標や定年後にやりたいことが定まる人もいるようです。

移住先でしかできない趣味が見つかった場合、さらにオンオフの切り替えがしやすくなるでしょう。

週末移住のデメリット

週末移住のデメリット

魅力的に思える週末移住にも、デメリットはあります。

費用や時間の負担を見積もっておかなければ、想定以上に普段の生活が圧迫される可能性もあるのです。

宿や交通の予約だけで出発できる旅行より、二拠点に生活基盤を持つ週末移住のほうが綿密な事前準備が必要になります。

リサーチや準備にかける時間がないと感じるなら、旅行やシェアリングリゾートなどの別のリフレッシュ方法を検討するのも良いでしょう。

費用がかかる

週末用の物件を借りるためには、敷金や礼金が必要です。さらに家具や家電などの購入費用も必要になります。毎月の家賃や水道光熱費などの維持費、自宅と週末用住居を往復するための交通費も必要です。

田舎の家賃相場は都会よりも手頃ですが、水道光熱費は都会より高い場合もあります。移住先を決める際には、物件だけでなく生活環境に関しても綿密なリサーチが必要です。

最初は非日常を感じられた週末移住を飽きによって解消する人も珍しくありません。その際には、退去や家財の撤去費用が必要になる点も念頭に置きましょう。

時間がかかる

週末移住を始めるための物件探しや、家具を揃えて住める状態にするためには時間がかかります。

平日の仕事を続けながらでは、思うように準備が進まないと感じる人もいるようです。

さらに移住後には毎週末の往復移動時間も必要です。選んだ住居によっては、清掃や庭の整備などの維持管理に手間がかかる場合もあるでしょう。

週末移住先で思ったよりも自由な時間がとれない可能性もあるため、移住先や物件選びは慎重に進める必要があります。

土地に馴染みにくい

自治会の集まりや行事など、都会よりも田舎の方が近隣住民同士の結びつきは濃い傾向にあります。

仕事を続けながらの週末移住では、集まりや行事に毎回出席するのは難しいでしょう。そのため週末移住先に馴染むには、定住よりも時間がかかるのが一般的です。

週末移住先での人脈形成を期待するなら、自分から積極的に地域に関わっていく工夫が必要でしょう。

まとめ

田舎道

リフレッシュのために、休日は都会を離れて静かに過ごす方が増えています。静かな田舎や温泉への旅行でホテルや旅館に宿泊すれば、非日常を味わえます。

しかし、一日をゆったり過ごすには部屋の設備が物足りなく感じた経験もあるでしょう。週末移住や別荘で本宅以外の物件を確保する手もありますが、住環境を整えるための時間や費用が必要になります。

東急バケーションズが限られた休日を有意義に過ごしたい方にご提案するのは、リゾートをシェアする過ごし方です。

メンバーシップフィーのみで、全国17か所にあるリゾートホテルやログハウスを1泊から会員価格でご利用いただけます。キッチンや冷蔵庫など充実した設備は、休日を部屋でゆったり過ごしたい方にもぴったりです。

東急バケーションズ リゾート施設一覧