個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
別荘レンタルとは?購入との違いやメリットデメリットについて紹介します
別荘は今や所有からレンタルの時代に変化してきています。 リモートワークが普及している中、ワーケーションとして別荘を利用したり、三密を回避したりする理由で別荘の利用が増えてきているのです。 とはいえ、別荘を購入するのとレンタルするのとでは
目次
  1. xxx
目次を見る

別荘レンタルとは?購入との違いやメリットデメリットについて紹介します

ホテル・別荘豆知識

別荘は今や所有からレンタルの時代に変化してきています。

リモートワークが普及している中、ワーケーションとして別荘を利用したり、三密を回避したりする理由で別荘の利用が増えてきているのです。

とはいえ、別荘を購入するのとレンタルするのとではどう違うのでしょうか。この記事では別荘をレンタルすることにどんなメリットやデメリットがあるのかと共に、購入とレンタルの違いも解説していきます。

別荘レンタルとは?

別荘地

別荘レンタルとは、企業や個人などが、宿泊サイトなどで別荘の貸出を行っているサービスです。昔からある言葉で言うところの貸別荘と同じ意味を指します。

1泊単位で泊れる別荘の種類は豊富で、一戸建てやログハウス、マンションと様々な別荘をレンタルできます。

最近では、レンタルの申込や支払いがインターネットで完結できる場合も多く、需要が高まっています。

また、別荘レンタルを扱っている企業の中には無人チェックイン機の導入で到着の時間に縛りがないなど、気軽さに特化した別荘レンタルもあるようです。 

別荘レンタルのメリット

国内リゾート地

気軽に借りられる別荘レンタルは、所有の別荘や、ホテルでは味わえない多くのメリットがあります。別荘レンタルのメリットをそれぞれ見ていきましょう。

別荘ならではの設備

別荘といえば、お風呂が温泉だったり、大きな暖炉があったり、大きなBBQセットが備えつけられているなどのイメージがあるかと思います。

別荘のレンタルでは、一度は使ってみたかった設備が備わっている別荘が数多くあるのが魅力。

別荘レンタルで夢に見ていた別荘ライフを満喫できます。

メンテナンス不要

別荘を所有すると、メンテナンスは欠かせません。例えば外壁の塗り直しや古くなった設備の入れ替え、清掃など。

別荘レンタルなら、ホテル同様メンテナンスを気にせずに別荘を利用できます。

色々な場所の別荘を利用できる

日本には海や山、観光地や景勝地、避暑地など様々な場所に別荘があります。別荘レンタルなら、綺麗な海が見える別荘や、自然豊かな山の中など、自分達がいきたい場所の別荘を自由に選ぶことが可能。

旅行に行って、ホテルに宿泊するのも良いですが、別荘に宿泊してのんびり過ごすのもおすすめです。

人との接触がない

コロナ禍で人となるべく接しない生活スタイルが一般的になってきた今、別荘レンタルでも人と接触しないような仕組みが確立しています。別荘レンタルの場合、部屋の手配から支払いまでを自宅のPCで完結。

また、別荘によっては食材を部屋の前に置いてもらえるなど接触を避けたサービスが充実している別荘もあります。

別荘レンタルは人との接触が極力少ないため、プライベート空間を思う存分楽しめます。

ワーケーションに最適

ここ数年の間に一気に浸透したのが密を作らない仕事の仕方です。

PC1台だけで仕事ができるリモートワークは、多くの企業が取り入れている勤務形態の1つ。

別荘レンタルなら、自分の好きな地域の別荘で有意義な時間を過ごすワーケーションにも最適です。

別荘レンタルなら、くつろげる環境と仕事に集中できる環境の両方を手に入れることが可能。リフレッシュをしながら仕事ができるので、集中力もアップするかもしれません。

別荘レンタルのメリットの一番のメリットは、自由に過ごせるスタイルです。自分の好きな場所の別荘や、利用してみたかった設備など実に多くの魅力があります。

別荘レンタルを利用して、自分だけの過ごし方をみつけてみるのも良いでしょう。

別荘レンタルのデメリット

コンドミニアム

一見、メリットしかないようにも思える別荘レンタルですが、デメリットもあります。メリットの様に見えても、人によってはストレスになったり、使いにくさを感じたりすることもあるようです。

ホテルとは違い全て自分で何とかしなければいけない

別荘にはキッチンが備え付けられているため、基本的には自分で食事を準備しなければいけません。

材料を調達したり、調理をしたりが面倒だと感じる方は別荘レンタルがつらいと感じるかもしれません。

しかし別荘地の中には、食事ができるお店が営業している可能性もあるので、事前に調べてみると良いでしょう。

所有ではないため気を使う

別荘レンタルで利用する別荘は、企業、または個人が所有している建物です。そのため汚さない気遣いが必要です。

使用後に掃除をする必要はありませんが、故意に破損や汚損をした場合は修理費や清掃代を請求される可能性も。

別荘レンタルは、大切な誰かの別荘を「借りている」という認識をもって利用をしましょう。

自然が多い場所に建っていることが多い

観光地や景勝地など別荘がある地域は、比較的自然が多い傾向にあります。夜にもなれば多くの虫が飛び交うため、虫が苦手な人には別荘レンタルは厳しい場合もあります。

別荘には一戸建てやログハウスの他にもマンションタイプなど様々なタイプが存在します。

自然の豊かな場所が苦手な方は、高層階にあるリゾートマンションを選ぶことをおすすめします。

別荘レンタルのタイプ

別荘地

別荘レンタルをする場合、その方法は大きく分けて3種類に分けられます。どのレンタルの仕方が良いのか別荘を利用したい頻度と合わせて考えてみましょう。

タイムシェア

タイムシェアは、年間52週あるうちの1つまたはいくつかの週の権利を購入するというシステムです。毎年決まった時期に利用するなど、先に予定を組みたい時におすすめです。また、「1年52週分を色々な人とシェアをする」という理由から、宿泊サイトなどから借りるよりもお得な場合も多いようです。

東急バケーションズも、このタイムシェアの考えのもと始まりました。

ポイント

ポイント制は年間の宿泊の権利を買うというシステムです。どこでも好きな時にレンタルが可能なため、よく別荘を利用する方におすすめといえるでしょう。

ポイントには使用期限がある場合も多く、企業によっては1年以内にポイントを使わなければいけないなど決まりもあります。

貸別荘

貸別荘は、ホテルと同じように予約サイトなどから別荘の予約をします。企業が管理、運営している場合が多いため、別荘初心者に人気のシステムです。

気軽に別荘を利用できますが、会員登録をして利用するタイムシェアやポイント制よりもサービス面に差が出る場合もあるため、確認すると良いでしょう。

購入とレンタルでの料金の違い

別荘のバルコニー

別荘を購入するのが良いのか、レンタルの方が良いのか考える方もいるかもしれません。

別荘を購入した場合、固定資産税などの税金類の他に、別荘自体を維持するためのランニングコストも必要となります。

年間にして10万~50万程度は出費として出ていく事を考えると、レンタルでは、ランニングコストもかからず1泊につきおおよそ1万~5万程度。好きな時に数日利用する程度であればレンタルの方がお得と言えるでしょう。

レンタルでも長期間滞在は可能?

湖の見える別荘地

別荘レンタルの場合、数ヶ月単位での長期滞在は難しいでしょう。しかし、一週間単位であればタイムシェアなどを利用すると可能です。

東急バケーションズの「バケーションズマスターズ」では、7泊以上30日以内の連続した期間を10年先まで予約できます。

年に一回家族で別荘に集まってゆっくり過ごすなど使い方は自由。たとえ毎年過ごせなくてもポイントで返還されるので安心です。

バケーションマスターズ

レンタルでもペットと過ごせる?

ペットとの旅行

レンタルでもペットと過ごせる別荘はあります。

しかし、ペットの大きさなどに制限があるため、条件を事前に確認しておきましょう。先にもありましたが、別荘レンタルは文字通り別荘を借りている状態です。

汚さないよう気をつけて利用する必要があります。

まとめ

別荘レンタルは、気軽に別荘を利用できることから、現代にマッチした宿泊形態と言っても良いでしょう。

別荘で自然に寄り添いながら時間を過ごすのもまた贅沢な時間の使い方です。

東急バケーションズでは、全国17か所の別荘をご用意しています。景色の綺麗な別荘や海辺にある別荘など色々な別荘をレンタルして楽しんでください。

東急バケーションズ リゾート施設一覧