個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
愛犬との旅行を楽しむポイント!準備したいものや注意したことを紹介します
愛犬と一緒に旅行を楽しんだことはありますか?愛犬といつもとは違う環境でのんびり過ごすことは、家族にとっても愛犬との信頼関係を深める良いきっかけになります。今回は、愛犬との旅行を楽しむポイントと、旅行の際に準備しておくものや注意してほしいこと
目次
  1. xxx
目次を見る

愛犬との旅行を楽しむポイント!準備したいものや注意したことを紹介します

ホテル・別荘豆知識

愛犬と一緒に旅行を楽しんだことはありますか?愛犬といつもとは違う環境でのんびり過ごすことは、家族にとっても愛犬との信頼関係を深める良いきっかけになります。

今回は、愛犬との旅行を楽しむポイントと、旅行の際に準備しておくものや注意してほしいことについてご紹介します。

愛犬との旅行前に準備したいこと

愛犬と旅行

愛犬との旅行は「まわりの人に迷惑をかけない配慮」が最大限必要です。自分だけではなく、愛犬自身にも旅行は楽しいものと感じてもらうために、準備は抜かりなく行いましょう。

予防接種は出発前2週間~1ヵ月前には済ませる

犬のワクチンで予防できる病気は、どれも愛犬の命を脅かすこわい病気ばかりです。愛犬と同伴できる場所では、全ての飼い主と愛犬が安心して利用できるよう、ワクチン接種証の提示を求められる場合があります。行きたい場所に行けるよう、旅行前には必ず接種を済ませておきましょう。

ワクチン未接種の場合、狂犬病予防やワクチンの接種を旅行の2週間~1ヵ月前には済ませておく必要があります。

また、成犬などすでにワクチンを接種している犬の場合は、次のワクチン接種までの期間が4ヵ月~半年以上あれば安心です。

旅行で困らないしつけをしておく

旅行先での無駄吠えや、言うことを聞かない等の行動は、せっかくの旅行も台無しになってしまう可能性があります。最低限のしつけとして「すわれ・まて・ふせ」や「ダメ・NO」などのコマンドで行動できるようにしておくとよいでしょう。そのほか、ペットシーツでトイレができると安心です。もしできない場合はマナーパンツを持参すると宿に迷惑をかけません。

トリミングを済ませておく

愛犬と旅行をする際は安全面でもトリミングを済ませておくことはとても大切です。爪が伸びていたり、肉球が毛で隠れていたりすると、宿の中を汚してしまったり、滑ってケガをするかもしれません。愛犬とゆっくりくつろぐためにも、旅行の数日前までにトリミングを済ましておくと安心です。

愛犬との旅行に必要な持ち物

愛犬の持ち物

犬は、突然環境が変わると馴れるまでにストレスを感じ、体調を崩してしまう可能性があります。そのため愛犬との旅行では、なるべく大きく環境を変えないように、いつも使っているものを持参するようにしましょう。ここでは、旅行に必要な持ち物を紹介します。

狂犬病・ワクチン接種証

愛犬との旅行では、宿泊する場所やドッグラン、ドッグカフェなど、様々な場所で混合ワクチンや狂犬病の予防接種済証の提示が求められる場面があります。提示できなければ利用ができない場合もあるので、忘れないように注意してください。また、なるべくコピーではなく原本を持参しましょう。

クレート

公共機関での移動や、宿で休む時など、愛犬はクレートに入ってもらうことになります。旅行だからと突然無理に入れてしまうと、不安で吠えだしたり、クレート内で粗相をしたりするなど問題行動を起こしてしまいます。クレートは安全な所だと認識してもらえるよう、旅行当日までに自宅で練習をしましょう。

いつも使っているタオル

旅行中、大好きな飼い主さんと一緒とはいえ、知らない土地に来ること自体、犬にとってはストレスとなります。少しでも安心してくつろげるように、自分の臭いのついたいつも使っているタオルやおもちゃなどを持っていきましょう。

フード・おやつ

人間の場合は旅行先でその土地のものを頂くのが旅の醍醐味とも言えます。しかし、犬の場合は急に食べ馴れないものを食べると体調を崩してしまう可能性があります。そのため、いつも食べているフードを食事の回数分持っていきましょう。おやつは、一口サイズのものを持っていくと、都度ごほうびとしてあげられるので便利です。

首輪・リード・口輪

公共の場所では、首輪とリードは必須です。忘れずに持っていき、旅行前には首輪やリードが痛んでいないかをチェックしておきましょう。拾い食いをする癖や、他人を噛んでしまう危険性のある場合は口輪を持っていくと安心です。

ブラシ・ウエットティッシュ

旅行中、愛犬が地面の上を転がって汚れる可能性があります。ウエットティッシュは、簡易的に足をキレイにしたり、体の汚れを落とす時にも便利です。刺激の少ない犬用のウエットティッシュの他にシャンプーがついたウエットティッシュもあると清潔を保てます。また、毛がもつれたり、室内でのリラックスを促すために、ブラシを持っていくとよいでしょう。

ペットシーツ・うんち用袋

宿では、ペットシーツを用意しているところもありますが、自宅から旅行中に使う分を持っていくと安心です。吸収力が高いものを利用すると、おしっこの臭いも減らせます。また、うんち袋もペーパーが入っているタイプなら手軽に使えて便利です。

愛犬との旅行で愛犬とキャリーバック

愛犬との旅行では、いつどのようなトラブルに見舞われるかわかりません。旅行中に気をつけたい事を2つ紹介します。

事前に酔い止めなどを準備しておく

旅行では、普段乗り慣れない車や公共機関などを利用します。慣れない環境が犬にとっては刺激となってしまい具合が悪くなる恐れがあります。犬用の酔い止めは動物病院やペットショップやホームセンターで手に入るので、用意しておくとよいでしょう。

迷子対策は確実にしておく

旅行中に限らず困るのは、愛犬が行方不明になることです。犬も人間も土地勘がないため、見つけることが困難になるでしょう。犬鑑札やマイクロチップ、GPSなど迷子対策は徹底しておいてください。

愛犬との旅行先の選び方

愛犬と客室ベット

愛犬との旅行先の選び方は、愛犬の大きさや、活発さ、性格によって変わります。 ここでは愛犬との旅行先の選び方をみていきます。

宿に宿泊できる犬の大きさなどを確認する

ペット可の宿の情報には「小型犬可」や「体重〇キロまで」など犬の大きさを限定している場所も多くあります。ホテルの場合は客室の広さや、用意しているアメニティー類によって小型犬までが一般的です。

中型犬~大型犬の場合は、ホテルよりもコテージなどの一棟貸しの宿の方が宿泊できる場合が多い傾向にありますので、愛犬の大きさを考えて宿を決める必要があります。

ドッグランなど愛犬も楽しめるものがある場所を選ぶ

旅行に行くと、観光地巡りや、グルメ、ショッピングなど多くの楽しみ方があります。しかし、それだけでは愛犬はつまらないかもしれません。人間だけでなく、愛犬も楽しめるドッグランなどの施設や愛犬がリラックスできるドッグカフェなどがある旅行先を選びましょう。

愛犬の性格を考え距離を決める

人間と同じように、愛犬の性格も様々です。縄張りである自宅から離れて知らない場所へ行くことは、愛犬にとって不安が大きい行動です。怖がりだったり、ストレスを受けやすい性格の場合、まずは自宅から近い宿から馴らしていくとよいでしょう。逆に、いつでもどこでも愛想がよく元気いっぱいの性格なら多少遠くても体調による不安は出にくいかもしれません。愛犬との旅行は突然遠くへ行くのではなく、少しずつ遠くになるように旅行先を決めていくと、愛犬も旅行は楽しいと認識してくれます。

愛犬と泊まれる宿泊施設

愛犬

東急バケーションズでは、愛犬と宿泊できる宿が3か所あります。ホテルタイプやログハウスタイプの2種類あり、愛犬も過ごしやすい設備を完備しているのが特徴です。愛犬との旅行をよりステキなものにしてくれるでしょう。

東急バケーションズ 那須 愛犬家族

雄大な自然の中で愛犬と心行くまでゆっくりできる東急バケーションズ 那須 愛犬家族は、ログハウスタイプの宿です。東急那須リゾート内にあり、温泉施設の他に、宿泊者限定のドッグランも利用できます。愛犬専用のワンタッチシャワーや、サークルなども完備され何度でも利用したくなる施設です 。

東急バケーションズ 那須の施設詳細

東急バケーションズ 山中湖

山中湖のほとりにある東急バケーションズ 山中湖は、コンパクトながらも温もりのあるログハウスと、部屋が広く、解放感たっぷりなログハウスの2種類のタイプがあります。やわらかな暖かさを感じる薪ストーブや本格的なアウトドアが楽しめる貸出品もあり、スローライフをじっくり楽しめます。徒歩数分で辿り着く山中湖には、富士山の景色を眺めながら愛犬と一緒に参加できるアクティビィティーも。大自然を愛犬と一緒に満喫できます 。

東急バケーションズ 山中湖の施設詳細

東急バケーションズ 伊豆高原

伊豆高原の大室山を望む東急バケーションズ 伊豆高原は、解放感のある居室が魅力の施設です。温泉が楽しめたり、美しい景色を楽しみながら愛犬と散歩をしたりと多彩な楽しみ方ができます。愛犬専用の客室のなかにはお庭付きの部屋もあり、開放的な空間で愛犬を安心して遊ばせられます 。

東急バケーションズ 伊豆高原の施設詳細

まとめ

愛犬とお茶

愛犬と一緒の旅行は、必要な物の準備だけではなく、愛犬の体調管理にも気を配る必要があります。最初は愛犬が緊張していても、「旅行は楽しいもの」と認識してもらえるようになれば、少しずつ遠い場所もいけるようになるでしょう。東急バケーションズの施設には、愛犬とアクティブに楽しめる施設も多くあります。次の旅行は愛犬と一緒に行く計画を立ててみませんか?