個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
旅行中の洗濯はどうする?洗濯方法やオススメグッズを紹介します
旅行中、洗濯ものはどうしていますか?多くの人は、自宅に持ち帰って洗うことが多いでしょう。しかし、旅行中に洗濯ができるなら、持っていく着替えも少なく済みます。 着替えは、汗をかく夏場や長期旅行になればなるほど、増えてしまうのが難点。着替えが多
目次
  1. xxx
目次を見る

旅行中の洗濯はどうする?洗濯方法やオススメグッズを紹介します

ホテル・別荘豆知識

旅行中、洗濯ものはどうしていますか?多くの人は、自宅に持ち帰って洗うことが多いでしょう。しかし、旅行中に洗濯ができるなら、持っていく着替えも少なく済みます。 着替えは、汗をかく夏場や長期旅行になればなるほど、増えてしまうのが難点。着替えが多い分だけ荷物が重くなり、準備も大変です。 今回は、悩むことが多い「旅行中の洗濯」について、オススメグッズや洗濯方法をご紹介します。

旅行先で洗濯をするメリット

コインランドリー

まずは、旅行先で洗濯をするメリットをいくつかみていきましょう。

荷物が少なくなる

旅行先で洗濯をするメリットは、やはり荷物が少なくなる点です。着替えの分だけスペースが必要になると、大きな鞄を選ばざるを得ません。旅行先で洗濯ができれば、最低でも下着2セット程度で回せるようになり、日中の洋服も着回しができます。

移動がラクになる

大きな荷物はキャリーバッグに詰め込んで運ぶとラクですが、狭い道や舗装されていない道では歩きにくくなります。また、大きな荷物を持ち運びするだけでも一苦労です。旅行先で洗濯ができると、コンパクトな鞄で事足りるため、フットワークが軽くなります。

清潔な服を身につけられる

旅行先で洗濯ができれば、毎日清潔な服を身につけられます。特に夏場は汗や蒸れを感じることが多く、1日に何度も着替えたくなることもあるでしょう、特にお子さんは体を冷やさないように、こまめな着替えが必要です。そんな時にも洗濯ができれば、着替えが足りないというトラブルも回避できます。

旅行先での洗濯に向いている衣類

洗濯に向いている洋服

旅行先で洗濯をする場合、自然乾燥よりも、乾燥機を利用することをおすすめします。また、扱いやすく、旅行に向いている洗濯しやすい衣類を知っておけば、旅先でのコーディネートも決めやすいでしょう。

速乾性のある素材の衣類

速乾性のある素材が使われている衣類は、部屋干しがしやすいので便利です。夏場はドライTシャツを持っておくと汗をかいた時にすぐに洗濯ができます。Tシャツだけではなく、様々な衣類に速乾性の生地が使われているので、好みのものを選ぶとよいでしょう。

ポリエステルやナイロン素材

ポリエステルやナイロン素材を使った衣類は乾きも早くシワになりにくいです。なによりポリエステル素材の衣類は軽さがあります。ポリエステルやナイロン素材のパンツも多く出ているので、お子さんや男性にもおすすめです。風通しの良いところに干せばより早く乾くでしょう。

旅行先での洗濯に不向きの衣類

旅行に不向きな衣類

旅行先で洗濯に不向きな衣類もあります。ファッションにこだわりたい場合でも、洗濯を前提とした服選びをしておくといいでしょう。

飾りの多い衣類

ラメがついていたり、縫い付けの飾りがついていたりするものは破損する恐れがあります。コインランドリーを利用する場合にはオシャレ着洗いといった細かい設定がない可能性もあります。

色移りしやすい衣類

色移りの心配があるものもおすすめしません。次の日にも着る予定の衣類に色移りしてしまった場合、着替えがなくなってしまいます。お気に入りの服が色移りしてしまったうえに、着替えもなくなってしまってはせっかくの旅行が台無しです。

シワになりやすい衣類

洗濯はできてもアイロンができない可能性もあるので、レーヨンや、麻など、シワになりやすい衣類は旅行には不向きです。旅行には、しわになりにくい素材を選ぶことが大切です。

乾きにくい衣類

乾きにくい衣類も旅行先での洗濯には不向きです。フード付きの分厚いパーカーやジーンズは特に乾きが遅いです。旅行先での洗濯は、乾燥器が使えない状況も考慮しておく必要があります。どうしてもフード付きの衣類を洗濯したい場合には、アメニティの消臭スプレーを使いましょう。

旅行先での洗濯方法

洗濯機

旅行先での洗濯方法は大きく分けて3つあります。外部委託するものから自分で行うものまであるため、状況に応じて使い分けると便利です。

コインランドリー

コインランドリーは日常生活ではあまりご縁がない方もいるかもしれません。しかし、旅行先でのコインランドリーは便利なスポットです。洗濯だけでなく乾燥までできるので、すぐに着られる状態で持って帰れます。宿泊先の施設内に併設している場合もあるため、予約時に確認しておきましょう。ホテル周辺にコインランドリーがある場合は、仕上がるまで周辺を散歩することもできます。

ランドリーサービス

ランドリーサービスはホテルなどの宿泊先に依頼して行うものです。「クリーニングサービス」と呼ばれることもあります。ランドリーサービスは申込用紙に必要事項に記入をしてランドリー袋に衣類を入れてフロントに預けます。

下着などを出すのが恥ずかしい場合もありますが、小物類として数百円で利用できる場合が多いです。ホテルによって規定が異なる場合があるので、予約時やチェックイン時に確認しておきましょう。

手洗い

部屋で手洗いするのも一つの方法です。洗面所やバスタブなど洗い場になるところがあれば洗濯はできます。手洗いの場合は洗剤を持参しておくか、コンビニなどで購入しておく必要があります。もちろん、汚れによってはお湯だけで落ちる場合もありますが、しっかり洗いたい場合は洗剤を使用しましょう。

旅行先での手洗い方法

手洗い洗濯

旅行先で手洗い洗濯をする場合には、洗面台に水を貼って洗い場を作りましょう。洗面台が小さければ、バスタブでも可能です。洗剤を入れたらお湯を使って押し洗いしていきます。こうすることで汚れが落ちやすくなります。何度かお湯を入れ替えて洗剤を洗い流せば終了です。

洗濯ものを折りたたむようにして脱水をします。ぞうきんを絞るようにしてしまうとシワが深くついたり、衣類傷みの原因になったりするので注意しましょう。就寝時にベッドルームに干しておけば加湿器代わりになります。

旅行先でのあると便利な洗濯グッズ

洗濯グッズ

旅行中の洗濯は、家とは勝手が違います。ちょっとした小物があることで洗濯も快適に行えます。ここでは、洗濯時に便利なグッズを紹介します。

洗濯ネット

ブラジャーなどの下着類を洗いたい時は、洗濯ネットが役立ちます。衣服用の洗濯ネットも持っておけば、衣類同士の絡まりも防げてシワ防止にもなります。洗濯ネットは衣服入れとして持っていけば、パッキングもスムーズです。衣類の小分け袋としても使えるので一石二鳥です。

小分け洗剤

小分けパックになっている洗剤を持ち歩くと1回分の量も分かりやすくて便利です。柔軟剤入りのものもあるので、洗剤と柔軟剤を別々に揃えなくても済むのが利点です。小分けパックになっているとは言え、破損することも考えられるので、持ち運びの際は、容器に入れるなどして管理しましょう。

携帯洗濯袋

下着類や少ない衣類だけを洗う際に便利なのが携帯洗濯袋です。ジッパー付きのしっかりとしたナイロン袋が製品として販売されています。洗濯袋には、水切り口があるなど使い勝手が良いのですが、手に入らない場合にはナイロン袋や防水バッグでも代用可能です。

紐付き洗濯ばさみ

「物干しスペースがない」という時に便利なのが紐付き洗濯ばさみです。100円均一のお店でも手に入るので、洗濯袋に数個入れておくとよいでしょう。靴下や下着などの小物は紐付き洗濯ばさみで干しておけるので、狭いスペースでも活躍します。

まとめ

旅行準備

旅行中に洗濯ができれば荷物も少なくなって便利です。しかし、近くに設備がない場合もあります。長期滞在の時には、あらかじめ宿泊先の近くにコインランドリーを見つけておくか、家電付きの部屋を選びましょう。東急バケーションズのリゾート施設なら、生活家電が揃っています。洗濯機のほかに乾燥機も付いているので、雨の日でも気兼ねなく洗濯ができるでしょう。旅行中に洗濯をして、身軽に旅行を楽しんでください 。

東急バケーションズのリゾート施設一覧