個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
ホテルの長期滞在活用方法と選び方について紹介します
仕事やお子様の受験、余暇などでホテルへの長期滞在を検討する場合、何を基準に選んでいますか?滞在目的やライフスタイルによって、長期滞在中に必要となる設備や施設は異なります。そのため一般的な短期の宿泊と長期滞在では、ホテルの選び方が変わってきま
目次
  1. xxx
目次を見る

ホテルの長期滞在活用方法と選び方について紹介します

ホテル・別荘豆知識

仕事やお子様の受験、余暇などでホテルへの長期滞在を検討する場合、何を基準に選んでいますか?滞在目的やライフスタイルによって、長期滞在中に必要となる設備や施設は異なります。そのため一般的な短期の宿泊と長期滞在では、ホテルの選び方が変わってきます。

今回はホテルに長期滞在するメリットや、滞在先の選び方をご紹介します。長期滞在に最適な東急バケーションズの設備についてもご案内していますので、ぜひ滞在先選びの参考にしてください。

ホテルを長期滞在活用するメリット

夜景

賃貸物件とは異なり、予約のみで長期滞在を始められるのがホテルを利用するメリットです。併設されている施設や客室内の設備は、ホテルによって大きく異なります。長期滞在するホテルの選び方に悩んでいる方は、まずホテル暮らしのメリットを確認しましょう。どのメリットを最大限享受したいかを考えれば、長期滞在するホテルの選び方が見えてきます。

立地条件の良い場所に住める

シティホテルやビジネスホテルは、駅の近くや繁華街の近くなど便利なロケーションに建てられている場合がほとんどです。立地の良いホテルに長期滞在すれば、仕事やレジャーに出かける際の移動時間を減らすことができ、空いた時間を趣味や休息に充てられるようになるでしょう。

敷金・礼金などの初期費用がかからない

住居とは別に仕事部屋を借りようとすると、敷金や礼金といった初期費用が必要になります。一定期間以内に退去すると違約金を請求される場合があるため、気軽に物件を変えるのは現実的ではありません。ホテル住まいであれば、宿泊予約のみで手軽に長期利用を始められます。

最低限必要な家電や家具が揃っている

ドライヤーや湯沸かし器、冷蔵庫など最低限の家電や家具が揃っている点も、ホテル滞在のメリットです。コンセントも複数用意されているホテルが多いため、テレワークでの利用でも困らないでしょう。

しかし、電力消費の大きい家電は、持ち込んでも利用できない場合があります。仕事や生活に必要な家電がある場合は、事前にホテルに確認しましょう。

光熱費や水道代がかからない

ホテル暮らしでは水道費や光熱費がかからないことも大きなメリットです。冷暖房を気兼ねなく使えるたり、朝と晩にリフレッシュを兼ねてお風呂に入ったりと、ストレスフリーに過ごせます。

ホテルのサービスを活用できる

ホテルによっては、大浴場やレストランだけでなく、トレーニングジム、スパ、コンシェルジュなど様々なサービスが用意されています。宿泊者向けの特別プランや優先予約枠が設定されている場合もあり、ホテルから出なくてもリフレッシュできるでしょう。

長期滞在するホテルの選び方

ホテルのキッチン

長期滞在するホテルの選び方は、滞在する目的によって異なります。通勤時間を短縮するためであれば立地が最優先、テレワークのためであれば客室内の設備を重視するなど、目的に応じた選び方がおすすめです。

小さな不便が積み重なると、長期滞在では大きなストレスにも繋がりかねません。ライフスタイルやこだわりを妨げない滞在先を選びましょう。

ホテルの施設や周辺環境で選ぶ

立地は良いが、大通り沿いで騒音が気になる。駅からホテルまでの道中にコンビニやスーパーマーケットなど買い物できる店がない。短期滞在であれば目をつむれる欠点も、長期滞在では不便を感じる原因になります。

長期滞在するホテルを選ぶ際は、ホテルの内外に買い物ができるスポットや病院があるかどうか確認しておくと良いでしょう。運動を習慣にしている人は、ジムやホテル周辺にジョギングできる道があるかを条件に滞在先を探すのもおすすめです。

室内の設備で選ぶ

テレワークやお子様の受験のためにホテルを利用するなら、広いワークデスクやダイニングテーブルが備わっているホテルを選ぶ必要があるでしょう。食事にこだわりのある方は、簡単な調理ができるキッチンがあると快適に過ごせそうです。

昨今の巣ごもり需要増加によって、一般客用の客室とは別に長期滞在用の客室を用意しているホテルが増えています。客室内の設備で比較検討すれば、快適な長期滞在が叶うでしょう。

宿泊費以外の出費を計算して選ぶ

長期滞在するホテルの選び方によっては、宿泊費以外の出費がかさむ可能性も考えられます。客室内に洗濯機や簡易キッチンがない場合は、コインランドリー代やクリーニング代、食費も必要です。外食やテイクアウトによって、普段の生活より食費がかさむこともあるでしょう。

宿泊費が割高であっても、洗濯機やキッチンのある長期滞在向けのお部屋を選ぶほうがお得な可能性もあるのです。

東急バケーションズはロングステイにピッタリ

温泉

長期滞在するホテルの選び方を知りたい方にご提案したいのが、東急バケーションズのリゾート施設で過ごすという選択。全国17か所のリゾート施設は、全て家具家電付きで自宅のように快適にお過ごしいただけます。

独立したコテージや滞在者専用フロア

東急バケーションズ会員様にご利用いただく施設は、独立したコテージや一般の宿泊者様が立ち入らないホテルの上階です。廊下を歩く音や、隣の部屋の音を気にすることなく静かに過ごせる環境は、部屋でゆったり過ごしたい方にもぴったり。

部屋が複数ある広々とした客室をご用意しているため、外に会話が漏れ聞こえる心配もありません。プライバシー面でも安心して長期滞在にご利用いただけます。

家具や家電付きで料理や洗濯ができる

東急バケーションズの施設であれば、洗濯乾燥機や洗濯洗剤、掃除機、2口コンロ、炊飯器、食器、コーヒーメーカーなどの家電が用意されています。ラップやアルミホイルなどの細かいキッチン用品も揃っているため、食事にこだわりたい方にもぴったりです。

客室内で家事が完結するため、ランドリーサービスの引き渡し時間やレストランの営業時間を気にする必要はありません。ライフスタイルを崩さないストレスフリーな長期滞在が叶います。

リラックスに欠かせない入浴設備が充実

狭いユニットバスではリラックスしづらいと感じる方も多いでしょう。東急バケーションズの各施設には、大浴場もしくは客室内にゆったり足を伸ばせるお風呂があります。広いお風呂は仕事終わりのリラックスタイムや朝の頭と体をすっきり目覚めさせるのに最適。ビジネスホテルでの滞在に窮屈さを感じていた方にとっては、魅力的な設備の一つです。

都内からリゾート地まで用途に応じて施設を選べる

「今は都内が便利だが、ゆくゆくは静かな土地で過ごしてみたい」そう考えている方もいらっしゃるかもしれません。東急バケーションズの施設は軽井沢や沖縄などのリゾート地だけでなく、札幌や東京、大阪などビジネスの拠点となる地域にもあります。滞在目的に応じて気軽に滞在先を選べるのも、東急バケーションズの魅力の一つなのです。

東急バケーションズのVacation Styleであれば、全ての施設を会員価格でご予約いただけます。

Vacation Styleについてはこちら

まとめ

ワーケーション

ホテルに長期滞在するメリットは、賃貸物件のように初期費用や家具家電を準備する必要がなく、気軽に始められる点です。しかし、ホテルによって客室内の設備や付帯施設はまちまち。長期滞在先の選び方に悩む方も珍しくありません。

「仕事に集中したい」「子どもの受験が終わるまでその土地に住みたい」「リゾート地でゆっくり過ごしたい」などの用途に応じて、全国17か所から滞在先を選べる東急バケーションズであれば、ホテル選びの悩みや手間を大きく減らすことができます。自宅のように安心できる快適な長期滞在をお楽しみください。