個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
ホテルに連泊する際の荷物や掃除について
旅行や仕事でホテルに連泊する機会はありませんか?同じホテルに連泊すれば、大きな荷物を持ち歩く必要がなくなったり、朝ゆっくり部屋で過ごせたりするメリットがあります。しかし、滞在中の部屋の掃除や鍵の取扱いなど、連泊ならではの疑問が生じるかもしれ
目次
  1. xxx
目次を見る

ホテルに連泊する際の荷物や掃除について

ホテル・別荘豆知識

旅行や仕事でホテルに連泊する機会はありませんか?同じホテルに連泊すれば、大きな荷物を持ち歩く必要がなくなったり、朝ゆっくり部屋で過ごせたりするメリットがあります。しかし、滞在中の部屋の掃除や鍵の取扱いなど、連泊ならではの疑問が生じるかもしれません。

今回は、ホテルに連泊する際に知っておきたいことや注意点をまとめました。ぜひ滞在先選びの参考にしてください。

連泊する際の掃除はどうするの?

客室清掃員

ホテルに連泊している間は、どのように客室内を掃除しているのでしょうか?ホテルの場合、清掃なしのプランで予約しない限りは、連泊中でも基本的に毎日掃除をしてくれます。

一般的なホテルの清掃タイムは午前中です。しかし、朝はゆっくり寝たかったり、仕事で利用したかったりと、午前中の清掃が難しい場合もあるでしょう。在室中でも掃除してくれるのか、部屋の中の荷物はどうすれば良いのかなど、ここではホテルに連泊中の掃除に関する疑問を解消していきます。

掃除の際は外出しておく必要がある?

ホテルに連泊中でも、清掃の方が作業しやすいよう掃除の間は外出しておくのがおすすめです。「10時~12時の清掃中は部屋の使用不可」と在室できない時間帯が決まっているホテルもありますが、在室中でも清掃してもらえるホテルもあります。チェックインの際に、清掃時間帯に在室していて問題ないか確認しておくと安心です。

清掃中に在室するのであれば、清掃の方が作業しやすいよう配慮しましょう。適宜居場所を移動したり、物を動かしたりするとスムーズに掃除できます。また、アメニティーなど補充しておいて欲しいものや、重点的に清掃して欲しい場所などを伝えると、次回の掃除の際にも同様にしてくれます。

掃除の際は荷物を置きっぱなしでも大丈夫?

連泊中に掃除してもらう場合でも、荷物は置きっぱなしで問題ありません。清掃しやすいように洋服はクローゼットに収納したり、スーツケースを閉めて部屋の端に寄せたりするなど、ある程度荷物はまとめておきましょう。

アクセサリーや書類などデスクの上に置くことが多い小物は、引き出しやカバンに入れておくと紛失の心配を減らせます。財布やカギなどの貴重品は手元に持っておくと安心です。

ゴミか飲み残しているのか判断しづらい缶やペットボトルなどは、トラブル防止の観点から、捨てられない可能性があります。ゴミならば机の上に置きっぱなしにせず、中身を空にしてゴミ箱に入れましょう。

時間の指定は出来る?

清掃時間の指定を受けてもらえるかは、ホテルによって対応が異なります。仕事などで限られた時間にしか掃除の時間をとれない場合は、フロントに相談しましょう。

清掃の方は午前中や昼過ぎまでの短時間勤務の場合がほとんどです。「11時半から12時の30分間で済ませてほしい」といった細かすぎる時間指定や、夕方以降の清掃希望は受けてもらえない可能性が高いでしょう。

また、清掃時間帯に一度清掃不要の札を出したあとに、「今から掃除してほしい」と札を付け替えても、清掃の方の目に留まらない可能性もあります。「9時台は都合が悪いため、10時以降に掃除してほしい」といった要望はフロントに伝えましょう。

連泊で部屋に長時間滞在できる東急バケーションズの施設なら、全客室に洗濯乾燥機や掃除機を完備。好きな時に洗濯や掃除ができるため、仕事やプライベートの予定を妨げません。

掃除してほしくないときは?

部屋の掃除をしてほしくないときは、「Do not disturb」や「起こさないでください」などの札を廊下側のドアノブにかけましょう。ホテルによっては「連泊の場合は3日に1回必ず清掃に入る」といった決まりがあります。フロントや宿泊約款で予め確認すると良いでしょう。

清掃不要の場合も、アメニティーやタオルの補充を依頼することは可能です。清掃時間帯に使用済みのタオルやゴミ袋を廊下に出しておくと、回収して新しいアメニティー類を用意してもらえます。

また、ホテルに連泊中は部屋に置いている荷物が心配で、掃除に入ってほしくない方もいるでしょう。最近では連泊中の清掃を省略するプランを設定しているホテルが増えています。清掃不要のプランは「エコプラン」や「連泊プラン」などと呼ばれており、割引や特典が付いているためお得です。プラン選びの際の参考にしてみてください。

連泊に関するよくある質問

ホテルで仕事

日中の部屋の使い方や鍵の扱い、荷物はどのようにすれば良いかなど、連泊ならではの疑問をお持ちの方もいるかもしれません。最後にホテルに連泊する際によくある質問をまとめましたので、疑問解消にお役立てください。

日中部屋にいても大丈夫?

ホテルでの宿泊契約は、チェックインしてからチェックアウトするまで続きます。連泊であれば、数日間客室を借りている状態です。泊っているホテルに「清掃時間中は退出」の決まりがない場合は、日中ずっと部屋で過ごしても問題ありません。

ただし、清掃の方が複数いるホテルであれば、清掃の時間帯になると掃除機やドアの開け閉めなどによる騒音が気になる場合もあります。テレワークやデイユースプランを設定しているホテルは増えているとはいえ、日中は観光や仕事で外出している人が夜寝るためにホテルを使うのが一般的です。

日中落ち着いて過ごしたい方は、ホテルよりもリゾート施設で過ごすという方法を検討してみるのも良いでしょう。部屋で長時間過ごすことを前提にした東急バケーションズなら、ゆったり座れるソファや、仕事や趣味が捗る広いテーブルなど調度品も充実しています。

外出時に鍵は預ける?

外出時にフロントに鍵を預ける必要があるかどうかは、ホテルのルールや鍵のタイプによって異なります。持ち運びやすいカードキーの場合はフロントに預けないのが一般的です。一方でキーホルダータイプのシリンダーキーは、ほとんどの場合フロントに預ける決まりになっています。

カードキーであっても紛失が不安であれば、フロントで預かってもらうことはできます。しかし、夜遅くにホテルに戻ってくる場合は、カードキーがないと館内に入れないホテルもあります。その場合は自分で管理する必要があるため、ホテルに門限がないかや夜遅い時間帯の出入りについて予め確認しておきましょう。

荷物を置きっぱなしにしても大丈夫?

チェックアウトするまでは、客室内に荷物を置きっぱなしにしていても問題ありません。外出時は貴重品を客室内の金庫に入れるか、持って出かけましょう。フロントで預かってもらえる場合もあります。

ホテルに連泊するとなると、おのずと荷物は多くなるでしょう。チェックイン前の荷物受け取りや、チェックイン後の荷物預かりをしてくれるホテルもあります。自宅からホテルに荷物を宅配で送ると、身軽に移動できるためおすすめです。

東急バケーションズの施設でも、事前の荷物受取や施設からの発送も可能。滞在中であれば、クール便を受け取れる施設もあります。客室内のキッチンを活用して、こだわりの食材で食事を楽しみたい方にぴったりです。詳しくは宿泊を検討されている施設にご確認ください。

まとめ

客室のベット

ホテルに連泊している際の掃除は、不要であれば断ることもできます。しかし、ホテルによっては、衛生管理のために2日に1回や3日に1回など清掃の最低頻度が決められていることも。清掃の頻度や時間帯の調整を希望するのであれば、フロントに相談しましょう。

日中に部屋で快適に過ごしたい方は、東急バケーションズのご利用もおすすめ。掃除機や洗濯乾燥機などの家電が客室内に用意されているため、他人が部屋に立ち入ることも、客室清掃に気を遣って外出する必要もありません。仕事や趣味の時間を分断されることなく、有意義な時間をお過ごしいただけます 。

東急バケーションズについて詳しく見る