個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
旅行が疲れる原因は?宿泊先でもできる対策と疲労回復方法を紹介します!
楽しい旅行のはずなのに、疲れて困ったことはありませんか?旅行ではいつもと違う雰囲気からか、知らず知らずのうちに疲れてしまうことがあります。今回は、楽しい旅行を満喫するためにも、知っておきたい旅行で疲れてしまう原因と、宿泊先でもできる疲労回復
目次
  1. xxx
目次を見る

旅行が疲れる原因は?宿泊先でもできる対策と疲労回復方法を紹介します!

ホテル・別荘豆知識

楽しい旅行のはずなのに、疲れて困ったことはありませんか?旅行ではいつもと違う雰囲気からか、知らず知らずのうちに疲れてしまうことがあります。今回は、楽しい旅行を満喫するためにも、知っておきたい旅行で疲れてしまう原因と、宿泊先でもできる疲労回復方法を紹介します。

旅行疲れをしてしまう原因

食事

楽しみにしていた旅行なのに、疲れてしまう原因は一体何が原因なのでしょうか?旅行では、観光地での散策やその土地の美味しいグルメなど、非日常が連続して起こります。行動している間はあまり気づきませんが、旅行疲れの原因は旅行中ずっと蓄積されているのです。

日頃の運動不足

旅行では、多くの人がいつも以上に活発に活動します。例えば、家族みんなでスキーやプールでアクティブに楽しんだり、アップダウンの激しい観光地を何時間も散策したりなど、楽しい気持ちが先行していつも以上に動いていることでしょう。体の倦怠感は、動いた当日より次の日などに出てくるため、疲れが出ると次の日のスケジュールに影響してしまいます。

友人やパートナーへの気疲れ

旅行では、友人やパートナーと一緒に楽しむこともあります。一人旅とは違い、相手がいる場合は楽しいだけではなく気疲れもあります。その理由として金銭感覚の違いや、優柔不断・自己中、体力の差など様々。スケジュールが乱れてしまうと、イライラを招き、結果的に疲れてしまうでしょう。

荷物のパッキング

旅行は家を出る前から始まっていると言っても過言ではありません。旅行前は、旅先で使うものをスーツケースなどにパッキングします。旅行に慣れていない方の場合、何を旅行に持っていくのが良いのか悩み、ギリギリまでパッキングしていることもあります。そのため、目的地に着く前に疲れているという状況になってしまうのです。

1泊旅行は疲れやすい?

旅行カバン

弾丸旅行や温泉地などの1泊旅行は、一見ストレス解消やリラックスするための旅行に見えがちです。しかし1泊旅行は急激な環境の変化などでリラックスとは真逆の結果を招いてしまう可能性もあります。例えば、温泉にくりかえし入ったり、暴飲暴食をしたりすると自律神経が乱れ、血圧や心拍数が激しく変化し結果的に疲れるでしょう。リラックス目的で1泊旅行をするのであれば、おこもりステイなどリラックスすることを中心とした1泊旅行のスケジュールを立てると良いでしょう。

疲れにくい旅行計画を立てるには?

旅行準備

旅行で疲れにくくするためには、旅行計画が重要です。目的地で楽しみたいアクティビティや、観光地巡りなど疲れにくい旅行計画はどのように立てたらよいのでしょうか。ここでは、無理のない旅行計画の立て方を紹介します。

予算と旅のテーマを決める

疲れにくい旅行計画を立てるなら、まずはテーマを決めてみるのも良いでしょう例えば癒しがテーマであれば、景勝地へ行ってみたり、疲れを取るために夜はマッサージをお願いしたりなど、予算とテーマを決めることで、予算の範囲内でテーマに沿った旅行計画が立てられます。

無理な予定を立てない

旅行では、時間がもったいないと分刻みに予定を入れてみたくなる方もいるでしょう。疲れにくい旅行計画を立てるためには、時間にゆとりを持たせることが大切です。一か所に時間を多く使うことで、今まで見えなかった魅力に気づくかもしれません。

服装に気をつける

疲れにくい旅行計画を立てたなら、服装にも気を配りましょう。旅行先の環境に適さない服や、靴で行動すると疲れてしまうため、着ていて疲れない服や、着回しのしやすい服、動きやすい靴がおすすめです。例えば、紺のレギパンは着回しの重宝するアイテム。適度に伸縮性もあり、楽なうえにシャツやワンピースに合わせると、キレイめなおしゃれコーデができます。旅行では、少し気をつけることで、疲れにくい服装を楽しめます。

旅行先で疲れをとるには?

温泉

1日中楽しんだ後は宿泊先でゆっくりくつろぐ方も多いと思います。しかし、宿泊先では暴飲暴食をしたり、たくさん温泉に入ったりと反対に疲れてしまうことも。ここでは、旅行先で疲れを取る方法や宿泊先での過ごし方を紹介します。

移動時間で体力回復!

公共機関や車での長時間の移動は、同じ姿勢でいることが多く、疲れがたまる原因の1つです。移動時間で体力を回復させるためには、いくつかの方法があります。例えば、ネックピローで首元を楽にしてうたた寝をしてみたり、トイレタイムなどの休憩時間には全身を伸ばしたりするとよいでしょう。特に子どもやご高齢者が一緒の旅行の場合、休憩を多くすることでぐずり対策や頻尿対策にもなり、旅行の疲れを軽減してくれます。

ゆっくりできるホテルに泊まる

ホテルは1日の疲れを癒してくれる大切な場所です。旅行で疲れないためには、ゆっくりできるホテル選びをしましょう。温泉で温まったり、眺望が良いお部屋や、美味しいグルメが充実していたりなど、しっかりと身体を休められるホテルは、次の日の活動にもいい効果をもたらします。また、ホテルには観光情報のパンフレットなども多く集まっているので、その情報を元に次の日に備えることもできます。

ホテルに戻ったらお風呂に入る

旅行中はいつもより沢山歩いたりと活発に活動することが多くなります。旅行では、知らず知らずのうちに身体が緊張し疲れが蓄積されています。身体をリセットするためにも、ホテルに着いたらまずはお風呂に入ることがおすすめです。温泉地ではその土地のお湯に浸かるのも楽しみの一つ。疲れと共に汗も流し、就寝までの時間を心地よく過ごしましょう。

ホテルのマッサージサービスなどを利用する

旅行でたくさん活動した後は、自分へのご褒美にホテルのマッサージを利用するのもいいでしょう。マッサージをしてもらうことで、血行が良くなり身体もほぐれてきます。マッサージをしてもらいながら旅の話をしたり、地元の人ならではの情報が聞けたりするのもまた一興です。プロのマッサージを受けて元気になれば、次の日も活発に活動できるでしょう。東急バケーションズ 伊豆今井浜では、アロマテラピートリートメントなどの付帯サービスが充実しています。良い香りに包まれながら受ける多彩なマッサージは、旅の疲れを解消してくれるはずです 。

東急バケーションズ 伊豆今井浜の施設詳細

睡眠をしっかりとる

ホテルでは環境の違いから夜更かしをしがちです。特に友達同士の旅行では、夜遅くまでおしゃべりしたり、お酒を飲んだりとつい楽しい時間を過ごしてしまいます。しかし、旅行では、次の日のコンディションも大切です。しっかりと旅行を楽しむ為にも体力回復の意味も込めて早めの就寝をしましょう。

旅行後の疲れを回復する方法

ストレッチをしている女性

旅行が終わって自宅に着いた後、しばらく疲れが取れない場合があります。しかし、いつまでも疲れているわけにもいきません。ここでは、旅行後の疲れをいち早く回復させる方法を解説していきます。どれも実践しやすい方法ですので、試してみてください。

胃が休まる食事をする

旅行中は、自宅周辺では出会えないグルメや、ホテルのビュッフェなどでいつもよりも食べている時間が長くなりがちです。胃腸を守るためにも、旅行から帰ってきた後は胃が休まる身体に優しいメニューを心掛けましょう。例えば野菜を煮込んだスープやおかゆなど、温かく消化の良いものを摂るといいでしょう。回復。

湿布や着圧ソックスなどで疲労回復

旅行中は、歩くことが多かったり、移動で長時間同じ姿勢だったりと身体に負担がかかります。そのため自宅へ戻った後は湿布や着圧ソックスなどで血行を促進し、むくみや疲れを解消するのがおすすめ。夜寝る前に使えば翌朝スッキリしているはずです。

ストレッチをする

隙間時間などの少しの時間でもできるストレッチは、気軽に行えるセルフメンテナンスとしては最適です。お風呂入っている間やお風呂上り後に痛くない程度の力でストレッチをし、全身に血液を巡らせ身体をほぐしていきましょう。

ゆっくりお風呂に入る

宿泊先での大きなお風呂ものんびりできますが、自宅のお風呂もくつろぐには最適です。いつもよりも少しだけ長めにお湯に入り身体をマッサージしながら血行を促進させましょう。身体を温めることですんなりと入眠でき、疲労回復に役立ちます。

まとめ

海

旅行で疲れる原因は、移動だけではなく様々な要因があります。今回紹介した回復方法や、隙間時間でできるストレッチなどで上手に疲れを癒していきましょう。

東急バケーションズは、別荘やホテルを全国17か所に施設を展開している会員制リゾート。観光地にアクセスの良いホテルや、ゆったり温泉に浸かれる施設もあります。旅行に出かける時は、気兼ねなく利用できるホテルで疲れを癒しながら旅行を楽しんでみませんか?