個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
軽井沢への移住で後悔しないために知っておきたいことを紹介します!
定年後に地方移住を検討する方は珍しくありません。また、テレワークの普及により、現役世代でも地方移住を視野に入れている方が増えています。中でも都心からアクセスの良い軽井沢は、移住先候補として気になっている方が多いはず。その一方で、軽井沢に移住
目次
  1. xxx
目次を見る

軽井沢への移住で後悔しないために知っておきたいことを紹介します!

ホテル・別荘豆知識

定年後に地方移住を検討する方は珍しくありません。また、テレワークの普及により、現役世代でも地方移住を視野に入れている方が増えています。中でも都心からアクセスの良い軽井沢は、移住先候補として気になっている方が多いはず。その一方で、軽井沢に移住して後悔している方も少なからずいます。

今回は、軽井沢に移住を検討する際に知っておきたい基礎知識や、軽井沢を選ぶメリットとデメリットをご紹介します。移住前に必ず行いたい移住体験のポイントにも触れているので、ぜひ参考にしてください。

移住前に知っておきたい軽井沢のこと

雪化粧

自然を感じられる軽井沢への移住は、都会で時間に追われた生活をしている方にとって魅力的に映ります。しかし、気候や条例が異なる地域への移住は、少なからず戸惑いも生じるはずです。軽井沢への移住を後悔しないためにも、まずは移住前に知っておくべき軽井沢の基礎知識をご紹介します。

軽井沢の気候

2021年の軽井沢の年間平均気温は9.1℃です。東京の平均気温16.6℃と比べると、かなり涼しいことが想像できます。夏は涼しい一方で、冬の寒さが厳しいのも特徴です。年間降水量は東京と同程度ですが、山間部のため霧が多いのも特徴的。平均湿度は東京よりも高いため、湿気対策が必要になります。

参考:気象庁

軽井沢に移住したら補助金は出るの?

残念ながら、軽井沢の移住自体に補助金が出る訳ではありません。長野県は最大100万円の移住支援金を出していますが、軽井沢町は対象外です。軽井沢町で行われていた多世代同居の支援金事業も、令和4年春に終了しました。

しかし、軽井沢町は環境への取り組みに積極的な自治体です。環境に配慮した新築住宅や、省エネルギー化するための改修には最大40万円の補助があります。また、住宅用太陽光発電システム導入に対する最大50万円の補助も実施中です(令和4年6月現在)。

店の閉店時間が早い

軽井沢町では、街の風紀や夜間の静穏を保つために閉店時間が条例で決められています。「午後11時から午前6時までの営業または作業」が禁じられているため、レストランのラストオーダーも都心よりかなり早いのが特徴です。コンビニも例外ではなく、午後11時に閉まります。都心での暮らしに慣れている方であれば、移住当初は戸惑うかもしれません。

移住先として軽井沢で人気のエリア

森林

軽井沢を大まかに分けると、5つのエリアに分けられます。

軽井沢駅北側に位置する旧軽井沢エリア

旧軽井沢銀座や万平ホテルなどがある軽井沢を象徴するエリアです。大規模な別荘も多く立ち並んでいます。

軽井沢駅南側に位置する新軽井沢エリア

アウトレットモールやレストランができており、家族連れの多いエリアです。歴史を感じる旧軽井沢エリアとは異なる都会的な雰囲気が魅力です。

中軽井沢駅北側に位置する中軽井沢・星野・千ヶ滝エリア

高級旅館や軽井沢高原教会、石の教会などがある人気観光地です。山側のため傾斜が強く、車は必須。北側は自然に囲まれ、南側はスーパーやドラッグストアもあるため、旅行にも移住にも人気です。

中軽井沢駅南側に位置する南軽井沢エリア

ゴルフ場や別荘地が多いエリアで、平坦地が多いのが魅力的。湿気も旧軽井沢エリアより少ない傾向があります。

信濃追分駅周辺の追分エリア

歴史を感じられる資料館や茶屋だけでなく、現代風のカフェやパン屋も集まるエリアです。軽井沢の中では観光客も少なめ。佐久市へのアクセスが良いため、子育て世帯も多いエリアです。

軽井沢への移住のメリット

軽井沢駅

都心からアクセスが良い軽井沢は、高級別荘地のイメージも相まって、人気の移住地の一つです。軽井沢に移住するメリットをみていきましょう。

都心からアクセスしやすい

東京駅から新幹線に乗ると、列車の種類にもよりますが軽井沢駅まで1時間10分前後です。都内に仕事で出る機会がある現役世代の方でも、通勤に無理のない移動時間と言えるでしょう。

常に自然を感じられる

軽井沢には、シンボルである浅間山だけでなく、夏でもひんやりしている千ヶ滝、池に映りこむ緑が美しい雲場池など様々な自然が楽しめます。自然に囲まれた軽井沢に移住すれば、都心では体感しづらかった四季の移ろいを感じられるでしょう。

レジャー施設やレストランが豊富

ゴルフ場やテニスコート、スケート、サイクリングコースなど、軽井沢には様々なレジャー施設があります。指定文化財である旧三笠ホテルや万平ホテルといった観光スポットや、飲食店、ショッピングモールもあり、観光にも居住にも不自由はない環境です。

軽井沢への移住のデメリット

紅葉

軽井沢への移住を後悔するきっかけで多いのが、車社会や気候が合わないことです。軽井沢に移住する前から知ってはいても、いざ暮らしてみると想像以上にストレスを感じたという声もあります。都心の生活とは全く異なる、軽井沢移住ならではのデメリットをみてみましょう。

車がないと動きづらい

大規模なショッピングエリアやレストランがあるとはいえ、都心のように行きたい施設同士が歩ける距離にあったり、交通機関が充実していたりする訳ではありません。軽井沢で暮らすには、一人一台車が必要と言われています。

さらに車を所持したとしても、冬は雪が多いため、スリップの危険性や積雪で車を出せない日もあるのです。また、夏や冬などの休暇シーズンは観光客による渋滞も発生するため、日常生活にストレスを感じる方もいるでしょう。

湿気が多く結露やカビ対策が必要

年間100日以上霧が発生する軽井沢は、年間平均湿度が東京より高め。洗濯物が外干しで渇きにくいだけでなく、窓やクローゼットに結露やカビ対策が必須です。

光熱費など生活コストが高くなりやすい

軽井沢の2021年1月の平均気温は-2.7度、最低気温は-6.9℃と非常に低いのが特徴です。豪雪地帯ではありませんが、厳しい寒さを想定して移住しなければなりません。厳しい寒さや高い湿度で、暖房や浴室乾燥機を使う機会が多いため、光熱費は高くなる傾向があります。

ごみの分別が厳しい

軽井沢町はごみの分別が厳しく決められています。また、細かく分類するだけでなく、それぞれを指定ごみ袋に入れて捨てる必要もあります。

~軽井沢のごみ分別~

  • 生ごみや紙くずなどの可燃ごみ
  • プラマークのついた容器や食品トレイなどの「容器包装プラスチック」
  • 不燃ごみ(瓶の分別だけでも茶色と無色その他の色を分けるなど、不燃ごみで10種の分別が必要)
  • 粗大ごみ
  • ペットボトル
  • 古紙類

観光ではあまり気にならない点も、移住して長期間生活を続けるとストレスに感じてしまうかもしれません。

軽井沢への移住で後悔しないための移住体験!

民家

もし移住を検討しているのであれば、季節ごとに何度か軽井沢移住を体験してみましょう。軽井沢の夏が過ごしやすいのは周知の事実であるため、むしろ軽井沢移住を後悔するきっかけになりがちな冬の体験をしておくのがおすすめです。

~移住体験で確認しておきたいこと~

  • 夏や冬の気候が合うか
  • 朝晩の冷え込み具合
  • 買い物や通院などに不便がないか
  • 居住を希望するエリアの雰囲気

何度か体験をした上で移住を決めれば「こんなはずではなかった」と後悔するのを避けられるでしょう。

移住体験にもご利用いただける東急バケーションズ 軽井沢は、軽井沢駅から徒歩圏内の絶好のロケーションにあります。カラマツ林と池を眺めながら新鮮な軽井沢の空気を堪能できる客室では、バルコニーでゆったり朝食をとることも可能。調理や洗濯に必要な家電も揃っているため、長期滞在でも自分の家のようにご利用いただけます 。

東急バケーションズ 軽井沢の施設詳細

まとめ

湖

軽井沢への移住を後悔する主な原因は、山間部特有の気候や生活環境にあります。移住を検討しているのであれば、まずは移住体験から始めるのがおすすめ。東急バケーションズなら、軽井沢だけでなく、伊豆や那須など全国にあるリゾート地や別荘地への移住体験ができます。

地元のスーパーでの買い物や散策で、気候や土地の雰囲気が肌に合えば、Vacation Mastersに切り替えて10年間決まった時期に楽しむという方法も。軽井沢で優雅な別荘生活を始めてみてはいかがでしょうか 。

会員プランを見る

関連キーワード