個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
温泉旅行の楽しみ方は?マナーについても紹介します
温泉旅行の楽しみ方は、入浴だけではありません。街歩きや付帯施設でのアクティビティなど、宿泊先によって楽しみ方は様々です。今回は、温泉を安全に楽しむ方法や快適に過ごすためのマナー、温泉を楽しめる全国各地のリゾート施設をご紹介します。 温泉旅
目次
  1. xxx
目次を見る

温泉旅行の楽しみ方は?マナーについても紹介します

ホテル・別荘豆知識

温泉旅行の楽しみ方は、入浴だけではありません。街歩きや付帯施設でのアクティビティなど、宿泊先によって楽しみ方は様々です。今回は、温泉を安全に楽しむ方法や快適に過ごすためのマナー、温泉を楽しめる全国各地のリゾート施設をご紹介します。

温泉旅行の楽しみ方

新緑が見える足湯

温泉旅行でゆったり過ごすためには、スケジュールに余裕を持つことをおすすめします。予定を詰め込まず、温泉にゆっくり浸かったり、部屋でのんびり過ごしたりする何もしない贅沢を味わうのも一興です。

宿泊施設に早めにチェックイン

夕方遅くにチェックインすると、部屋でくつろぐ間もなく、すぐに夕食の時間になってしまう場合もあります。施設内を探索したり、周辺散策を楽しんだりするのであれば、早めのチェックインがおすすめです。

観光情報などを聞く

宿泊施設のスタッフや観光案内所で尋ねれば、インターネットやガイドブックで調べても得られなかった最新の情報が手に入る可能性もあります。チェックインや客室に案内してもらう際に尋ねてみるのがおすすめです。

温泉にゆっくり浸かる

チェックイン後や就寝前、起床後など、時間帯によって温泉からの眺めもきっと異なるはず。ゆっくり浸かって日頃の疲れを癒しましょう。

夜はのんびり過ごす

上げ膳据え膳でのんびり過ごすのも、温泉旅行の醍醐味です。テレビや電気を消すと、慌ただしい普段の生活では感じられない美しい星空や虫の音が楽しめるかもしれません。

温泉を楽しむためのポイント

温泉たまご

ただ入浴するだけでなく、時間帯で移ろう風景や、温泉街ならではのアクティビティを楽しむのもおすすめです。温泉旅行ならではの楽しみ方をご紹介します。

自然を楽しむ

太陽の光や星空、風に揺れる木々、虫の音など、温泉では時間帯や季節によって様々な自然を味わえます。

貸し切り風呂を楽しむ

人目を気にせずゆったり温泉に浸かりたい方は、貸し切り風呂を利用する手もあります。予約が必要な場合が多いため、宿泊予約時に確認すると安心です。

入る時間を変えて違いを楽しむ

太陽光を感じられる温泉であれば、時間帯によって印象は大きく異なるはずです。心穏やかになる暖かい夕日や頭と身体が目覚めるような朝の光など、様々な時間帯に温泉に浸かるだけでも、気分転換になるでしょう。

季節の違いを楽しむ

桜や新緑、紅葉、雪など季節によって温泉地の景色は様変わりします。都会では味わえない季節感を楽しめるのも、温泉旅行の魅力です。

温泉を飲む

温泉を飲むことを飲泉と呼び、入浴と同じように様々な効果が期待できると言われています。とはいえ、入浴中に浴場のお湯を飲む訳ではありません。飲泉に適した温泉が湧出している温泉地では、飲泉所や汲み取り場が設置されています。見かけたら試してみると良いでしょう。

温泉たまごをつくる

熱海や箱根大桶谷などの温泉地では、温泉たまごを作る場所があります。出来上がるまでに時間がかかるので、足湯や散策を楽しむのがおすすめです。

温泉での入浴前の注意点

温泉から見える紅葉

温泉での入浴で体調を崩す方も珍しくありません。温泉を快適に楽しむための注意点を見ていきましょう。

食事の直前直後や飲酒後は避ける

入浴により血液が身体の表面に集まると、胃の動きが弱まります。消化不良を起こす可能性があるため、食事の直前直後の入浴は避けましょう。血行促進によりアルコールもまわりやすくなるため、飲酒直後の入浴も危険です。

過度の疲労時には入らない

入浴により血圧や体温が急激に変動すると、自律神経への負担が高まります。移動や観光で疲れを感じている場合は、まず部屋で身体を休めてから入浴しましょう。

運動後30分ぐらいは身体を休める

運動直後の入浴は、筋肉や心臓への負担が高まります。30分以上経過して呼吸や心拍数が安定してから、温泉に浸かりましょう。

高齢者や子供は一人では入らないようする

急激に体温が変動することによるヒートショックや、溺れる危険性があるため、高齢者や子供が入浴する際は必ず成人が付き添いましょう。

手足から掛け湯をして温度になれる

海やプールに入る時と同様に、体が驚かないようかけ湯で湯温を確かめましょう。動悸や息切れを防ぐことができます。

脱水症状にならないために水分補給をする

入浴中は想像以上に発汗します。温泉に入る前にコップ1~2杯の水を飲むだけでなく、入浴の合間にも適宜水分補給を行いましょう。

温泉での入浴中マナー

露天風呂にある桶

温泉でのマナーは形式ばった難しいものではなく、お互い気持ちよく入るための簡単なものです。当たり前のことばかりですが、今一度確認しておきましょう。

身体を洗ってから入浴する

温泉の湯を汚さないよう身体を洗ってから入浴することが、共同浴場でのマナーです。たとえ宿泊施設に到着してから何度目かの入浴でも、身体を流して入る方が周囲の視線を気にせずに済みます。

ゆっくり入り泳がない

泳いだり頻繁に動いたりすると、湯が波打ち、入浴中の他の方に不快感を与えます。温泉への出入りもゆっくり動くよう心がけましょう。

浴槽にタオルは入れない

線維や石鹸などで湯を汚すため、タオルを温泉に浸けてはいけません。縁や頭の上など、湯に浸からない場所に置きましょう。

髪の毛が温泉に浸かる場合は結ぶ

髪の毛が浮いた温泉に浸かりたくないのは、誰でも同じです。髪が長い方は、湯に浸からない位置で、ヘアゴムやクリップを使って髪を留めるようにしましょう。

濡れた身体で脱衣所に行かない

脱衣所が濡れると、後から入る方に不快感を与えるだけでなく、滑りやすくなる危険性もあります。浴場から脱衣所に移動する際に、軽くボディタオルで水分を拭き取りましょう。

温泉での入浴後の注意点

新緑が見える露天風呂

温泉で十分なリフレッシュ効果を得るために、入浴後の過ごし方も知っておきましょう。

立ちくらみをしないためにゆっくり出る

湯船から急に立ち上がると、脳の血流が一気に減るため立ちくらみが生じやすくなります。ゆっくり湯船から出るだけでなく、冷たい水を膝から下にかけるのもおすすめです。

温泉成分は洗い流さない

温泉特有の保温効果を得るには、入浴後洗い流さないのが理想です。ただし、酸性泉、硫黄泉の場合は、肌が弱い方は軽くシャワーで流すことをおすすめします。

温泉があるおすすめの宿泊施設

海と青空

温泉旅行で時間を持て余す方は珍しくありません。付帯施設や周辺環境で宿泊施設を選ぶことにより、充実した時間を過ごせるでしょう。東急バケーションズでは、温泉を楽しめるリゾート施設が複数あります。

東急バケーションズ 那須

木の温もりが溢れるログハウスでくつろげる東急バケーションズ 那須。併設するゴルフコースでラウンドを楽しんだ後は、木々の緑に包まれながら露天風呂で疲れを癒せます。その他にもプールやテニスなどアクティビティが充実しているため、何度でも訪れてみたくなる施設です。

東急バケーションズ 那須の施設詳細

東急バケーションズ 箱根強羅

日本を代表する温泉地に佇む東急バケーションズ 箱根強羅では、大涌谷温泉を源泉とする露天風呂付大浴場で、ゆったり羽を伸ばせます。ロープウェイや美術館など観光スポットも充実しており、日々の喧騒を忘れる旅行にぴったりです。

東急バケーションズ 箱根強羅の施設詳細

東急バケーションズ 熱海

青い空と海を眺めながら、優しいヒノキの香りに包まれて温泉を楽しめるのが、東急バケーションズ 熱海です。周辺に飲食店も数多くあり、仕事や家事から離れた時間を過ごすのに最適。東京から1時間ほどの抜群のロケーションで、週末の小旅行にもおすすめです。

東急バケーションズ 熱海の施設詳細

東急バケーションズ 伊豆高原

アクティブに過ごしたい方にもゆったりしたい方にもおすすめできるのが、東急バケーションズ 伊豆高原です。解放感溢れる温泉大浴場でリフレッシュできるだけでなく、ゴルフやテニス、トレッキング、美術館巡りも楽しめる抜群のロケーションが魅力。家族旅行にもおすすめです。

東急バケーションズ 伊豆高原の施設詳細

東急バケーションズ 伊豆今井浜

全室オーシャンビューの東急バケーションズ 伊豆今井浜は、メゾネットタイプでまるで戸建てのような贅沢な客室が魅力です。客室内のバスルームからも海を一望できますが、潮騒を感じながらの露天風呂もしっとりとした趣があります。自然を感じるリゾートでの時間は、日々忙しく過ごす方のリフレッシュに最適です。

東急バケーションズ 伊豆今井浜の施設詳細

まとめ

温泉で体調を崩しては、元も子もありません。体調に気を配りながら、ゆったり日々の疲れを癒しましょう。和を感じる温泉旅館も魅力ですが、付帯施設が充実している温泉付きのリゾートホテルであれば、時間を持て余すことはありません。別荘のようなプライベート感溢れる客室と、自然に包まれる温泉で、充実した余暇をお過ごしください。

関連キーワード