予約について
会員ログイン
VacationStyle VacationMasters
個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
リゾートマンションを賃貸で利用するメリットとデメリットを解説します
リゾートマンションを購入するためには、まとまった資金やローン組みが必要です。しかし、中には賃貸利用できるリゾートマンションもあります。購入前に周辺環境を確認したい場合や、季節限定のレジャーを楽しむのであれば、賃貸での利用がお得です。今回は、
目次
  1. xxx
目次を見る

リゾートマンションを賃貸で利用するメリットとデメリットを解説します

ホテル・別荘豆知識

リゾートマンションを購入するためには、まとまった資金やローン組みが必要です。しかし、中には賃貸利用できるリゾートマンションもあります。購入前に周辺環境を確認したい場合や、季節限定のレジャーを楽しむのであれば、賃貸での利用がお得です。

今回は、リゾートマンションを賃貸利用するメリットやデメリットとあわせて、物件選びの際に注意すべきポイントを紹介します。

リゾートマンションの賃貸とは

雪山が見えるリゾートマンション

リゾートマンションは、別荘やセカンドハウスとして分譲される場合がほとんどです。しかし、中には賃貸利用のために建てられた物件もあります。リゾートマンションの賃貸利用は、初期費用を抑えたい方や、物件を購入する前に住環境の下見をしたい方におすすめです。

リゾートマンションと一般的なマンションとの違い リゾートマンションの特徴は、立地です。海や高原など眺望の良い場所に建てられていることが多く、落ち着いた住環境を求める方にぴったりです。共用施設が充実している場合も多く、マンション内でプールや温泉を楽しめる物件もあります。部屋数の多さよりも、ゆったり過ごすために各部屋の広さを重視して設計されている点も特徴です。

リゾートマンションは贅沢な空間を楽しめるメリットがある一方で、一般的なマンションより月々の維持費が高額になるデメリットもあります。周辺に商業施設がない場合もあり、物件を探す場合は住環境の下調べが必要です。

賃貸リゾートマンションは契約形態が2種類ある

マンションのエントランス

賃貸でリゾートマンションを利用するための契約形態は、マンスリーマンションのように短期契約する方法と、一般的な賃貸マンションのように長期契約する方法の2種類です。物件の契約形態によって、室内の設備や初期費用の内訳が異なります。

短期での契約

リゾートマンションの中には、数日単位から月単位で、マンスリーマンションのように借りられる物件があります。短期利用できる物件は家具家電が設置されていますが、消耗品や別途カバー等のリネンは各自で用意する必要がある場合が多いようです。水道光熱費は賃料に含まれているか定額で設定されており、退去時の清掃費は別途必要になります。

長期での契約

長期入居を想定したリゾートマンションの賃貸契約は、一般的な賃貸マンションの契約と同等です。敷金や礼金が必要であったり、2年単位で更新があったりと、物件によって様々な条件が設定されています。

家具家電がなかったり、エアコンのみ付いていたりと、物件によって付帯設備は様々です。家具家電の購入費や引っ越し代などで、一般的な賃貸マンションへの入居と同じくらいの初期費用が想定されます。

リゾートマンションを賃貸するメリット

海から見えるリゾート地

リゾートマンションを賃貸利用するメリットは、コストを抑えて好きな時にだけ別荘を所有しているような生活を送れる点です。レジャーだけでなく、ワーケーションや別荘を購入する前の下見など、様々な目的に活用できます。

近隣同士のトラブルが比較的少ない

短期で入居している住民が多い賃貸のリゾートマンションは、生活音や人間関係によるトラブルが生じにくい環境です。また、入居者の入れ替わりが多いため、トラブルが生じたとしても長期化しづらいメリットもあります。

契約形態が柔軟に選べる

連休を過ごすための短期の契約から日常的な住まいとしての長期契約まで、賃貸では様々な契約期間が選べるため、目的にあわせて場所や物件を変えることができます。移住のお試し期間として数週間過ごしたり、家族の通勤や通学の都合にあわせて数年住んだりすることも可能です。

ワーケーションとして活用できる

テレワークができる職種の場合は、リゾートマンションを自分だけのオフィスとして利用することもできます。家具家電だけでなくインターネット環境が整っている物件も多いため、仕事道具を持ち込むだけでワーケーションが始められます。

様々な活用方法がある

ウィンタースポーツやマリンアクティビティなど、季節限定のレジャーを楽しむためには、リゾートマンションを短期契約で借りる方法がおすすめです。ホテルに宿泊するよりもプライベート感溢れる空間で過ごすことができ、別荘所有よりも大幅にコストを抑えられます。

ペット可の物件がある

リゾートマンションのゆったりとした間取りは、ペットとの入居にもぴったりです。自然に囲まれたリゾート地は、ペットとの散歩に適しています。ペットと一緒に入居できるリゾートマンションも多く見受けられますが、サイズや種類の規定、追加の費用などが設定されている場合がほとんどです。ペットと入居したい場合は、物件探しの段階で申告しておくことをおすすめします。

リゾートマンションを賃貸するデメリット

マンションが立て並ぶ山へ向かう道

賃貸でのリゾートマンションへの入居は手軽な反面、想定以上に初期費用や月々の費用がかさむ場合もあります。賃貸利用のデメリットを知ることにより、リゾートマンションを借りるべきか、一般的なマンションを選ぶべきか、あるいはホテルに宿泊すべきか判断するヒントとなるでしょう。

内装を自由に変えることができない

リゾートマンションに賃貸で入居する場合、一般的な賃貸マンションと同様に退去時には原状回復義務があります。壁紙や間取りを変えるなどのリフォームや、物件に付帯している家具家電を自分好みの物に勝手に入れ替えることもできません。

維持費が一般のマンションに比べて高い可能性がある

プールや温泉、テニスコートなど共用施設が充実しているリゾートマンションは、購入した後の管理費や修繕積立金が一般的なマンションよりも高額です。同様に賃貸のリゾートマンションでも、月々の管理費や共益費が割高に設定されている可能性があります。長期利用する物件を探しているのであれば、維持費にも注目することをおすすめします。

部屋の間取りが少ない

ゆったりした空間設計のリゾートマンションは、家族で日常的に住むには部屋数が足りないと感じる方もいるかもしれません。家族で入居する場合は、住んでからの生活をよく想像する必要があります。

短期契約は家賃を一括で払う可能性がある

リゾートマンションを短期利用する際は、マンスリーマンションと同様に入居前に家賃を一括で払う場合もあります。想定以上に初期費用が必要になる可能性があることを念頭に置いておきましょう。

リゾートマンションの賃貸契約前に確認すること

上空から見える街

立地や設備、家賃の比較だけでリゾートマンションの賃貸契約を進めることはおすすめできません。周辺環境や月々の費用まで、賃貸契約前に確認しておきたいことを紹介します。

自宅からの距離や移動時間

自宅として利用する長期賃貸契約でない限り、週末や長期休暇などの短い期間に自宅とリゾートマンションを行き来することになります。リゾート地周辺は道路が少なく、レジャーシーズンになると必ず渋滞が起きるようなエリアもあるでしょう。

リゾートマンションを賃貸で契約するのであれば、自宅からの距離や所要時間だけでなく、交通状況もあわせて調べることをおすすめします。

買い物の利便性

リゾートマンションは落ち着いた環境に建てられることが多いため、スーパーやドラッグストア、コンビニエンスストアなどから離れている場合があります。数日の利用であれば不便を感じづらいかもしれませんが、長期利用する際は周辺環境にも留意しましょう。

維持費を把握する

賃貸利用であれば、分譲のように固定資産税や修繕積立金の負担はありません。しかし、管理費や共益費、管理組合費などの負担は毎月生じます。また、地域によっては水道代が割高な場合もあります。家賃以外に月々にかかる費用もシミュレーションしておくと安心です。

まとめ

山から見える海の風景

手軽に思えるリゾートマンションの賃貸利用でも、物件によっては家具家電を揃える必要があったり、月々の諸費用が割高であったりと、想定以上にコストがかかる場合もあります。

東急バケーションズであれば、プライベート感溢れるゆったりとした客室をホテルのように1泊からご利用いただけます。分かりやすいプラン設定で、契約後に想定外の費用がかかる心配もありません。休暇中の短期でのご利用から長期滞在まで、利用目的に添ったプランで、快適なリゾート生活をサポートいたします。

会員プランを見る

関連キーワード