予約について
会員ログイン
VacationStyle VacationMasters
個人の方 法人の方

ホテル・別荘豆知識
リゾート会員権とは?所有するメリットとデメリットを解説します
リゾート会員権とは、会員制のリゾート施設を利用できる権利です。別荘を購入するより気軽な選択肢として、リゾート会員権は魅力的です。しかし、ライフスタイルや予算に合った会員権を選ばなければ、お得感を得られない可能性もあります。この記事では、リゾ
目次
  1. xxx
目次を見る

リゾート会員権とは?所有するメリットとデメリットを解説します

ホテル・別荘豆知識

リゾート会員権とは、会員制のリゾート施設を利用できる権利です。別荘を購入するより気軽な選択肢として、リゾート会員権は魅力的です。しかし、ライフスタイルや予算に合った会員権を選ばなければ、お得感を得られない可能性もあります。

この記事では、リゾート会員権の種類や選び方だけでなく、メリットやデメリットもご紹介します。

リゾート会員権とは?

夕日が見えるテラス

リゾート会員権とは、会員とそのゲストがリゾートホテルや併設された施設を使うことができる権利のことです。全国各地にリゾート施設を持つクラブもあるため、様々な土地に旅行したい方は、固定の別荘を持つよりリゾート会員権の方が魅力的に感じられるかもしれません。

リゾート会員権の種類

不動産登記権利などの書類

リゾート会員権の契約は、共有制と預託金制の2種類に分かれます。費用や施設の利用の仕方が異なるため、まずは会員権の種類を確認しましょう。

共有制(オーナーズクラブ制)

共有制とは、ホテルの土地と建物を会員で共有する制度です。不動産登記を行うため、土地や建物を資産にできます。しかし、会員ごとに利用可能日が割り振られるため、好きな日程で施設を利用できるわけではありません。

土地や建物の購入費用だけでなく、登記料や売買手数料、保有し続けるためには固定資産税の支払いも必要です。オーナー同士が公平に利用できるよう、1年間を等分した日数が割り当てられます。別荘購入よりも価格が抑えられるとはいえ、土地や建物の購入費用や税金などで費用がかさむことは間違いありません。

預託 金制(メンバーズクラブ制)

共有制とは異なり、不動産の所有権を持たずに施設を利用する権利だけを得られるのが、預託金制です。宿泊したい日に予約ができる自由度が高い契約形態ですが、予約の取りやすさは施設によって差があります。

土地や建物を「所有」する共有制に対して、預託金制のリゾート会員権は「非所有型」とも呼ばれます。

リゾート会員権の選び方

10月のカレンダー

リゾート会員権を取得する際に検討すべき点は、土地や建物の権利を所有するか、もしくは利用権だけを取得するかだけではありません。リゾート施設を年間何日利用できるか、予約方法なども、クラブによって異なるのです。

タイムシェアのリゾート会員権

リゾート施設を指定された期間のみ利用できるリゾート会員権を、タイムシェア制と呼びます。予定が立てやすい一方で、時期を指定できないため不便に感じる可能性もあります。

ポイント制のリゾート会員権

あらかじめ購入したポイントを用いて、自分で好きな日程の宿泊予約を行う会員権をポイント制と呼びます。宿泊費を購入したポイントで支払う以外は、一般的なホテルに宿泊する時と予約の流れは同じです 。繁忙期か閑散期かによって、予約に必要なポイントが変動します。

リゾート会員権の売却・譲渡は可能?

棒グラフが記載されている書類

不要になったリゾート会員権の取扱いは、クラブによって対応が異なります。土地と建物の権利を持つ共有制の会員権は、不動産所有権と施設利用権を分離して譲渡することはできません。

会員権を手放す際の取扱いは契約前に必ず確認しましょう。

家族・親族に譲渡する

親族間での名義書換の可否は、クラブによって異なります。名義書換ができないクラブでは、買取や預託金の返還などが可能です。

契約者が亡くなった場合は、資産であるリゾート会員権は法定相続人が相続できます。評価額の算出方法は、「課税時期における通常の取引価格の70パーセント相当額」です。

友人・知人に譲渡する

友人や知人への名義書換の可否も、クラブによって判断が異なります。名義書換が可能である場合も、審査や名義変更料などが必要です。

マーケットを利用して第三者に売却をする

会員権の第三者への売却を認めているクラブの場合、マーケットでリゾート会員権を売ることもできます。法人所有の会員権の場合、売却益は課税対象になりますが、売却損は損金算入が可能です。個人の場合も、売却益は課税対象で、売却損はその他の所得と損益通算はできません。

リゾート会員権のメリット

リゾートホテルの客室ベット

リゾート会員権を購入する最大の魅力は、別荘を所有するよりもコストや労力を抑えて、上質な空間を利用できる点です。その他のメリットも見ていきましょう。

各地のリゾート施設を利用できる

リゾート会員権を持っていれば、旅行や仕事など用途にあわせて、好きな施設を選ぶことができます。

低価格でホテルが利用できる

利用する度に必要になる宿泊費は、ホテルのグレードと比較すると割安に設定されています。

メンテナンスや維持費が不要

別荘の所有とは異なり、部屋のメンテナンスを自分で行う必要はありません。預託金制の会員権の場合は固定資産税もかからないため、別荘のランニングコストが気にかかる方には魅力的に思えるでしょう。

静かにのんびり過ごせる

リゾートホテルは一般的なホテルよりも余裕のある間取りで設計されているため、隣室の音や廊下の人通りはあまり気になりません。

ライフスタイルが変化しても無駄になりにくい

生活拠点や仕事が変わっても、リゾート会員権であれば様々な立地の施設に宿泊できるため活用しやすいはずです。

会社の福利厚生にも使える

リゾート会員権は、福利厚生制度としても利用できます。社長や役員といった特定の方だけでなく、社員が平等に活用できる制度を社内で整えていれば、年会費を福利厚生費として支出することも可能です。

リゾート会員権のデメリット

テラスから見える夕日と海

魅力的に思えるリゾート会員権にもデメリットがいくつかあります。リゾート会員権のデメリットを許容できるかも、考慮が必要です。

利用したい日に確実に予約が取れるわけではない

リゾート会員権は会員同士で部屋を共有するため、予約は先着順での受付けです。

荷物は置いておけない

個人で所有する別荘とは異なり、宿泊する期間以外は荷物や家電などを部屋に置いておくことはできません。

入会費・管理費などがかかる

利用する度に必要な宿泊費は割安ですが、リゾート会員権を購入する際に入会費や保証金などのまとまった金額が必要です。また、会員権を保有する限り、年会費や管理費などもかかり続けます。

売却すると購入時より金額がマイナスになる場合がある

会員権にスムーズに買い手がつくよう、購入時より割安な金額を取引業者から提示される場合が多いようです。購入時と同等もしくは割高での売却は困難と考えておく方が懸命です。

後悔しないリゾート会員権の選ぶポイント

プールにある手すり

リゾート会員権を購入しても、活用できなければコストとメリットが釣り合いません。会員権を選ぶ際に考慮したいポイントをまとめました。

アクセスや環境について

ホテルの立地がアクセスしづらかったり好みでない環境であったりすると、活用頻度が自ずと下がってしまうかもしれません。 クラブが保有する施設のアクセスや周辺環境は、あらかじめ確認しましょう。

タイムシェア・ポイント制について

指定された期間であれば確実に利用できるのがタイムシェア制で、予約が取りづらい可能性はあるが日程は自分で決められるポイント制です。どちらが適しているかは、リゾート施設の用途や生活スタイルによって異なります。

退会や売却条件などを把握する

リゾート会員権の中には、会員権を手放したい場合に退会ではなく、譲渡先を見つけなければならない場合もあります。手放す際の条件は、契約前に必ず確認しましょう。

選択肢が多くある会員制リゾートを選ぶ

好きな施設を選べるとはいえ、アクセスが悪かったり行く機会がない土地ばかりにあったりすると、有効活用できません。施設の選択肢は多いに越したことはありません。

宿泊体験をする

会員制リゾートホテルでは、手頃な価格での宿泊体験も受付けています。施設の質や接客などを体験して、比較検討する方法もおすすめです。

東急バケーションズの特徴

海が見えるリビング

ポイント制のような気軽さとタイムシェア制の別荘を保有している感覚を享受できるのが、東急バケーションズの2つのプランです。「Vacation Style」「Vacation Masters」それぞれの特徴をご紹介します。

Vacation Style

Web上で入会できて当日から会員価格での予約が可能なのが、「Vacation Style」です。全国17か所の施設を1泊から気軽にご宿泊いただけるだけでなく、1年ごとの更新で生活スタイルに添って利用いただけます。友人同士や家族で様々な地域への旅行を楽しむのにぴったりなプランです。

vacation styleを見る

Vacation Masters

同じ施設を毎年7泊以上30泊以内で10年先まで予約できるのが、「Vacation Master」です。利用しなかった日程の宿泊費は、東急バケーションズの施設でご利用いただける電子ポイントとして返還されます。もし利用できない年があったとしても、返還されるポイントで普段は利用していない他のリゾート施設を楽しむことができます。

第2の我が家のようにリゾート施設を利用できるだけでなく、その他の地域へ旅行する際にも活用できる「Vacation Master」は、ポイント制とタイムシェア制の良いとこどりでお楽しみいただけます。

vacation mastersを見る

まとめ

リゾート地にある海

リゾート会員権には、別荘を購入するよりコストを抑えながら、リゾート施設を利用できるメリットがあります。しかし、自由に予約を取ることができなかったり、不要になった際の売却や譲渡がスムーズにできない可能性があったりと、デメリットを不安に思う方もいるかもしれません。

東急バケーションズでは、別荘を保有している感覚を味わえるプランと、気軽な旅行感覚で利用できるプランをご用意しています。ライフスタイルに合わせたプランで、上質な空間をお楽しみください。