予約について
会員ログイン
VacationStyle VacationMasters
個人の方 法人の方

箱根強羅
箱根観光にお勧めの服装は?季節ごとの気候と合わせて紹介します!
旅行に行くときに多くの方の頭を悩ませるのが、旅行中の服装ではないでしょうか。パンツがいいのか、スカートがいいのか、靴に合わせるべきか、どんな色の服を持って行こうかなど、お洋服の悩みは尽きません。箱根は首都圏からのアクセスもよく気軽に行ける温
目次
  1. xxx
目次を見る

箱根観光にお勧めの服装は?季節ごとの気候と合わせて紹介します!

箱根強羅

旅行に行くときに多くの方の頭を悩ませるのが、旅行中の服装ではないでしょうか。パンツがいいのか、スカートがいいのか、靴に合わせるべきか、どんな色の服を持って行こうかなど、お洋服の悩みは尽きません。箱根は首都圏からのアクセスもよく気軽に行ける温泉地ですが、標高が高い場所は気候が違うため、しっかりと準備が必要です。今回は箱根の旅行ではどんな服装が良いのか、季節ごとの気候も含めて紹介していきます。

箱根は場所によって気候に違いがある

山の中にある滝

箱根は神奈川県の南西部にあり、箱根山と外輪山に囲まれた自然豊かな地域です。箱根は場所によって気候が違い、標高の一番低い箱根湯本の辺りの気温は、1年を通して東京とあまり変わりはありません。しかし、芦ノ湖方面や仙石原など標高の高い場所に行くほど涼しく、冬には降雪もあり、寒さ対策が必要です。また、箱根は雨が多く湿度も高い事から、体感温度は気温よりも低く感じることもあるでしょう。

季節ごとの箱根の気候

霧の中にあるアジサイと線路

ここでは箱根の季節と気候について紹介をしていきます。標高の高い場所と低い場所を比べると、おおよそ1度~5度気温が違います。気温の違いが分かれば、箱根旅行にどんな服を持って行くと最適なのかを知るヒントになるかもしれません。

春(3月~5月)

3月は標高の低い箱根湯本の辺りは下旬から桜が咲き始める季節になります。平均気温は4度~7度とまだ冬の名残を感じる寒さです。4月~5月になると、標高の高い場所でも桜やツツジも咲き始めます。この頃には箱根全体の平均気温が10度以上の日が多くなり、日中は過ごしやすい陽気が多くなるでしょう。しかし朝晩は冷え込む日があるため、注意が必要です。

夏(6月~8月)

6月の箱根は平均気温が19度程度まで上がります。梅雨入りもあり天気が優れない日も多いため、場所によってはひんやりと感じる場合もあるでしょう。7月になると、17度~22度くらいの気温になってきます。標高の高い場所に向かう際は冷えに備えておくと安心です。8月は箱根の気温がピークを迎えます。1日の平均気温は20度~25度となり、湿度の高い箱根では蒸し暑く感じるでしょう。

秋(9月~11月)

まだまだ残暑が厳しい9月は18度~24度と気温が高いため、日中は過ごしやすい陽気です。しかし、下旬になると朝晩は涼しくなる日もあるでしょう。10月は秋も深まり紅葉と共に段々と冷え込んできます。1日の気温差も開き始め、体温調整が必要となってくる時期です。そして、11月になると、標高の高い場所では冬の寒さを感じる場合もあります。積雪し始める地域もあるため、移動の際は転倒など注意が必要です。

冬(12月~2月)

冬本番の12月になると、マイナスになる地域も出てきます。平均気温は1度~8度ですが、体感温度はもっと低く感じるでしょう。標高の高い場所では積雪もあるため、移動には注意が必要です。1月~2月は、積雪や路面の凍結が箱根のあちらこちらで確認できます。標高の高い場所ではマイナス5度以下まで落ち込むため、真冬の寒さ。湿度の高い箱根では、水分の多い重い雪が降る場合が多いので、冬の旅行の際は傘を必ず持ってくるようにしましょう。

箱根で快適に過ごせる季節ごとの服装

遊覧船をみる二人の子供

季節ごとの気候がわかったところで、次はどのような服であれば快適に過ごせるかを見ていきます。あくまで一例ですが、参考にしてください。

春の箱根

あちらこちらで花が咲き始める時期ですが、山間部から吹き抜ける風が冷たい場合もあります。気軽に体温調整が出来るよう、上着は脱ぎ着できる暖かい服装が良いでしょう。薄手のトレンチコートやジャンパーなど、脱ぎ着が可能な服装をすると体温調整が容易です。ボトムスは足元が冷えにくいデニムなどのパンツスタイルがおすすめです。

夏の箱根

気温が上がり始める6月からは初夏らしい爽やかな服装がおすすめです。ワンピースにカーディガンなどの軽装でも良いでしょう。朝晩や標高の高い場所へ訪れる際は、大判のストールがあると便利です。

秋の箱根

日中は残暑が厳しい日もありますが、朝晩は涼しく感じる秋。9月下旬から気温が下がり始めるため、暖かめの服装で、体温調整が可能な服装がおすすめです。タートルネックのシャツに腰を冷やさないロングカーディガンなど、脱いでも寒くなりすぎないような服装が安心です。秋に似合うボトムスは、散策にも便利なパンツスタイルが良いでしょう。

冬の箱根

寒さが厳しい冬の箱根は、しっかりとした防寒対策が必要です。暖かさ重視のダウンジャケットや、足元まで暖かい厚手のロングコートなど、暖かさを確保できるアウター選びがおすすめ。中に着る服も、セーターや、裏起毛のあるパーカーなどを着ていくと寒さに負けず観光を楽しめるでしょう。ボトムスは厚手のパンツがおすすめ。マフラーや手袋などの防寒アイテムも必須です。

箱根でおすすめの宿 東急バケーションズ 箱根強羅

東急バケーションズ  箱根強羅の客室

四季折々の箱根の自然と温泉を楽しむのなら東急バケーションズ 箱根強羅がおすすめです。中強羅駅から徒歩6分という好立地は、箱根の各観光スポットへのアクセスにも便利。館内には大涌谷の温泉が楽しめる大浴場と露天風呂を完備しています。客室内も箱根の自然に調和するかのような落ち着いたインテリアで、滞在中も穏やかに過ごせます 。

東急バケーションズ 箱根強羅の施設詳細

まとめ

登山成功して喜んでいる人

箱根は山間部に位置しているため、気温の変化が大きい地域です。標高の高い場所なのか、低い場所なのかによって服装も変わって来ます。箱根の様々な観光地へ行く予定なら、東急バケーションズのVacations Mastersのプランがおすすめです。連続した7泊以上30日以内の宿泊が10年先まで予約できるプランは、毎年の箱根滞在にも便利です。自宅の様に洗濯もできるため、お気に入りの着替えを揃えておけば、コーデ次第でどの地域に行っても楽しめます。自然と温泉が楽しめる箱根にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか 。

Vacation Mastersについてはこちら

関連キーワード